自分に合った通信制高校診断してみよう

自主退学勧告を受けたら絶対学校を辞めないといけないの?について解説

自主退学勧告を受けたら絶対学校を辞めないといけないの?について解説

学校の規則をやぶってしまったり、長く学校に行けていなかったりと退学に値すると学校が判断した場合に学校の担任の先生を通して自主退学勧告を受けることがあります。

この自主退学勧告を受けた場合、結論から言うとムダあがきはせずに次の進路を考えるのが最善と言えます。

この自主退学勧告を受ける理由はさまざまで

・不登校による
・度重なる飲酒、喫煙
・度重なる器物破損、暴力沙汰
・芸能活動禁止の学校で芸能活動をしてしまった
・病気で学校に行けなかった

と学校によって理由も基準も様々です。

本記事では、自主退学勧告と退学処分の違いや対象方法について解説していきます。

この記事は通信制高校卒業ブロガーのいっぺが書いています

 

自主退学勧告と退学処分の違いって何?

自主退学勧告と退学処分の違いって何?

学校から退学を言い渡されるパターンは大きく分けて以下の2つがあります。

自主退学勧告自主的に退学を学校から勧められる場合。
進学・就職にも影響がありません。
自主退学を断った場合は退学処分になるケースが多いです。
退学処分その名の通り強制的に退学処分となります。
退学処分を受けた = 相応のことをしてしまった という記録が残ってしまうため、進学・就職へ影響してしまいます。

 

自主退学勧告なら、進路変更のためや体調による自己都合といった理由がつけられるのですが、

退学処分の場合は、悪いことをして退学させられてしまった・・・となるので

自主退学勧告で学校を辞めた自主退学したときと、

強制的に退学されられて学校を辞めたときでは

将来の選択肢の幅が大きく変わってしまいます。

 

 

自主退学勧告を受けたら絶対学校を辞めないといけないの?

自主退学勧告を受けたら絶対学校を辞めないといけないの?

この自主退学勧告は学校全体の方針であり、この勧告が出た時点で

病気で学校に行けなかった場合を除いてはいくら泣いて謝ったとしても、反省の色を見せたとしても覆ることはないことが多いようです。

そもそも一回の飲酒や喫煙がバレたりしての指導程度ではこの自主退学勧告は受けることはありません。(ただし逮捕されたりといった重度な事件の場合は例外です)

自主退学勧告を拒否していても最終的には退学処分となってしまうので、状況の良い自主退学勧告を受け入れて別の進路の選択をしたほうが賢明といえます。

(明らかに学校側が違法な処分である場合は過去に某高校の生徒が裁判を起こしたことがあります。裁判は時間とお金と労力、精神的ストレスも掛かってきます。)

 

自主退学勧告を受けたときの対処法は?

自主退学勧告を受けたときの対処法は?

自主退学勧告を受けたときは、別の進学先(学校)を探すのが一般的です。

全日制高校や定時制高校(夜間学校)などの選択肢がありますが、全日制の高校はイチから入学試験を受け直さなければいけないですし、私立でも入学するまでに時間が掛かります。

という経緯もあってこの自主退学の判断を受けてしまった場合の多くの生徒が「通信制高校」を選んでいます

実は今どきの通信制高校は通うことのメリットの方が多いです。

▼メリットとデメリットをまとめるとこんな感じです▼

通信制高校のメリット

・高校の卒業資格取得
・自分のペースで勉強できる
・平日好きなことができる
・無理に人と関わる必要がない
・先生との距離感が心地良い
・自分次第で青春もできる
・将来の選択肢は多い
・自主性が身につく
・年齢層が広いのでたくさんの人と関われて視野が広がる
・授業料が安い

通信制高校のデメリット

・卒業は簡単ではない
・修学旅行がない
・友達ができにくい
・なんで通信制に通ったのかいちいち聞かれる

自主退学勧告を受ける生徒さんは通信制高校のほうが肌に合っていることがとても多いです

>>近所の通信制高校の資料を一括資料請求してみる

また通信制高校にも、「公立」と「私立」があります。

僕は通信制高校は公立の高校でしたが、今は断然私立の通信制高校がおすすめです。(経験者談)

 

私立の通信制高校のメリット

  • 高校無償化の恩恵で私立の通信制高校は実質無料で通える
  • 公立の通信制高校よりも私立の通信制高校のほうが卒業率も高い
  • スマホを利用したネットでレポート提出ができスキマ学習も出来る
  • 豊富な職業体験で夢を見つけやすい
  • 進学コースや美容師コースなど自分に合ったコースを選択できる

 

学校によって魅力はさまざまですが、私立の通信制高校にしかない魅力がたくさんあります。

あと通信制高校選びのコツなんですが、

通信制高校はとりあえず自分の住んでいる地域から通える通信制高校すべての中から自分にあった高校を選ぶのが失敗しない学校選びのコツです。

こちらの一括資料請求サービスを利用すると近所の高校の資料をまとめて手に入れることができるので便利ですよ。

おすすめの資料請求サイトを実際に使ってレビューしたのでどのサービスが良いか悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。

 

なんで資料請求したほうがいいの?と思う方は以下の記事を読んでみてください。

 

まとめ

自主退学勧告を受けたら最終的には退学することになります

これはある意味自主退学というのは学校の思いやりともいえます。

もし強制退学になった場合は将来に大きな影響がある場合が多いですから・・・

なのでここは気持ちを切り替えてどういった将来設計にするか考え直したほうがいいでしょう。

高校を退学して働く・・・という手段もありますが、高卒と中卒ではやはり就職の選択肢のもかなり制限があります。

お金に余裕がない場合は公立高校の選択肢もありますし、

そもそも今は私立の通信制高校も高校無償化(就学支援金など)の制度を利用して学校に通えますから、ぜひ一度検討してみて下さい。

あなたが将来「あの時学校を退学することになってよかった」と思えるように、今はたくさん悩んでみて下さい。

 

追伸:

このブログもおかげさまで毎月1万人以上の通信制高校を検討する方に訪れて頂いています!

いっぺこっぺさんのブログを見て通信制高校のことを知れて、資料請求&学校見学にもしっかり行って自分にあった通信制高校を選べました!

といった声も多数いただくようになってきました。

資料請求してしっかりじっくり検討し、実際に学校を見学する。

これが失敗しない学校選びだと切に思いますね!

まずは3分程度で終わるのでしっかり資料請求することからはじめましょう。

退学することになったけど、もっといい学校に通うことができましたって連絡をもらえたらめちゃくちゃ嬉しいです!

▼これだけの高校の資料を「一括」で請求できちゃいます▼
資料請求した資料の画像

 

>>近所の通信制高校の資料を一括資料請求してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です