【最短翌日着】複数校から資料請求で失敗を防ぐべし!

【保護者必見】学費が高い通信制高校に行かせるべき?

学費が高い通信制高校に行かせるべき?その前に大事なことがあります

 

ご質問

いっぺこっぺ通信様。いつも配信ありがとうございます。愛のある内容でとても助けられています。県立高2男子の母です。1学期から昼夜逆転してしまいほとんど学校に行けていません。

あと2週間で2年生の 必修単位を1つ落とし留年が決まってしまいます。本人は朝起きられないから毎日学校へ行ける気がしないので、 週一登校の通信制高校への見学を希望しています。

いっぺこっぺ通信を見ていると、通信制高校の良いところが大変良くわかり、私もなんとなくその気になっていました。

本人は全く動かないので、いっぺこっぺ通信を参考に、県内の学校は全て取り寄せ、親と兄弟が見学に行きました。

本人は、そんなわたしたちの話を聞いたりして4つほど学校の資料をみて、その中でウェブがあり高校卒業資格が取れ、スクーリングもその学校ででき、つまりサポート校ではなく、特進コースのあるサークル活動で気になるもののある学校を決め、父親と見学に行き、キャンパス長から熱心にサークル活動を進められて帰ってきました。

今、子供はこの学校への転学を希望しています。

私の希望は今在学している学校を卒業することです。本人が決めた通信制高校は、国立二次の勉強をできるということですが、費用は2年間で180万円くらいかかり県立高校の10倍です。

夕方に起きてくることも考えると塾へ行くことも不可能なので、通信制高校だけで塾の代わりになると思えば効率がいいのかもしれませんけども、効果のわからないものに大金を払うことに気が進みません。どのように考えたらよろしいと思われますか。

\URLをコピーしてシェアしてね!/

この記事のURLをコピーする
上記のような質問を頂きましたので、僕なりの考えをお話できればと思います!最後まで読んでくれると嬉しいです

いっぺ

※この記事は以下動画で解説した内容を文章に書き起こしたものになります。

 

一括資料請求サービスを使えばキャンパス数1,000校から無料で、簡単に、一括で資料請求できます。

 

ひとつひとつの学校に個人情報を入力し資料請求するのはとても面倒です。一括資料請求サービスを使えば1回のフォーム入力だけで5校、10校とまとめて資料を請求できるのでとても便利ですよ。お住まいの地域から通える近くの学校も選択できます。

近くの通信制高校の資料をまとめて取り寄せる

入力フォームに電話NGと記載すると営業電話は一切ありません

 

複数の通信制高校を比較できて参考になった

 

学費の高い通信制高校に行かせると決める前に大事なこと

授業料

まず、このご質問でこの記事のタイトルにもなっている、学費の高い通信制高校に行かせるべきかからお話します。

このご質問者さんの場合、2年で180万円くらいの学費、1年で90万円くらいの学費ということですから、通信制高校の中ではかなり費用のかかる通信制高校を検討していらっしゃるようです。

私立の通信制高校の学費の平均は36.5万円くらいなので、私立の約3倍も高い学校を検討していることになります。

まずは効果うんぬんの話の前に、ご家庭の予算的に通わせることは現実的に可能かどうか?は検討されたほうがいいと思います!

世帯年収590万円未満の場合30数万円くらいは授業料を国が負担してくれますから年間の実質の負担は90万円-30万円=60万円くらいになってくるかと思います。

もし世帯年収590万円未満の場合は年間60万円で月払いが可能な学校であれば月々5万円くらいの負担になるかと思います。この年間60万円や90万円払うことがそもそも難しいとか毎月の生活に支障がでるようなら僕は行くべきではないと思っています。

 

僕は自分の家庭が貧乏だったってこともあるんですが、やっぱり家計が厳しいのに学費の高い学校に行かせることで、家庭内でもお金のことでお父さんとお母さんが喧嘩することもあると思おうんです。

そうやって家庭の雰囲気が悪くなると生徒さんも責任を感じてしまいますし、勉強にも身が入らないんじゃないかなと思うわけです。

なのでまずは家庭から捻出できる学費、適切な学費は月あたりいくらで年間いくらなのかを出すということをやって欲しいです。

例えば就学支援金30万円とご家庭の負担は10万円までであれば、年間総額40万円の通信制高校のなかから選ぶことを僕はおすすめしたいです。

お子さんにとっては、既に気持ちは年間90万円の学校になっているかもしれませんが、無い袖は振れないことを伝えて学校選びを協力してもらったほうがいいと思います。

まずはご家庭から捻出できる学費内の学校を検討するのが優先だと僕は思っています。

この学費の条件が問題なければやっと、この質問者さんの場合は、90万円の通信制高校に行かせるべきか考えればいいと思います。

 

通信制高校の効果が気になっているようです

勉強

この質問者さんの場合は学費以外に気になっていることのひとつとして、効果が気になっているようです。

効果のわからないものに大金を払うことに気が進みません。

もし可能なら体験授業を受けさせてもらったり、授業の見学をさせてもらって、お子さんが勉強がわかりやすかったか?成績が伸びそうか?ということはできるだけ試させてもらうようにすべきかと思います。

もし体験授業を断る感じだったら、入学したイメージも湧かないので断る。

という強い姿勢もとっていなないといけないんじゃないかなと思います。

効果が分からないなら、できるだけ効果を感じられるように授業に参加・見学させてもらうと効果がありそうか?の判断は今よりはつくと思います。

図々しいと思われると心配もあるかもですが、ご自身の納得度も違いますのでぜひ聞いてみてください。

 

気になった点

違い

あと気になる点としては2点ありました。

夕方に起きてくることも考えると塾へ行くことも不可能なので、通信制高校だけで塾の代わりになると思えば効率がいいのかもしれませんけども

1つ目は、夕方に起きてくることも考えると塾も無理とおっしゃっていますが、通信制高校もだいたいの場合日中から夕方までがスクーリングの場合が多いです。

塾だと日中の塾もあれば、夕方以降や夜に授業があることも多いので塾が無理ということはないのではないでしょうか。

通信制高校×塾という選択肢もめちゃくちゃありなので本当に塾が無理なのかも調べてみてほしいなと思います。

多くの選択肢の組み合わせで生徒さんに合わせたカスタマイズができるのが通信制高校のメリットですから、外部の教育サービスと掛け合わせたらどうか?もぜひ考えてほしいなと思います。

 

今、子供はこの学校への転学を希望しています。
私の希望は今在学している学校を卒業することです。

あと気になる点の2つ目は、この質問者さんがなんだかんだ、通信制高校に行かせたくなくていま在籍している学校に行って卒業してほしいと思っていることです。

思っているだけで、しっかりサポートもしてくださっているみたいですけど、心からは通信制高校に行くことを応援されてなさそうな印象を受けました。

ぜひ通信制高校のことをもっと知っていただいて、心から応援できるように知識をつけていただきたいと思います。僕の通信制高校時代の友達もマイクロソフトやLINEに就職したり、地元テレビ局でプロデューサーしていたり、収入的にも平均以上もらえている人もたくさんいます。

通信制高校に将来の不安を感じていたりするのかもしれませんが、本人さんの頑張り次第でどうにでもなりますし、頑張るためにはあっている学校を選ぶことがなにより大事だと僕は思っています。

今の学校はあなたのお子さんに合っていますか?それでも無理に行ってほしいと思うのはどうかなと僕は思います。

以上が僕の考えになります!僕も考えが偏った部分もあるかもしれませんので、参考になるところは参考にしてもらえればと思います。

ご本人やご家族が納得行く学校選びをしてくださいね。

 

一括資料請求サービスを使えばキャンパス数1,000校から無料で、簡単に、一括で資料請求できます。

 

ひとつひとつの学校に個人情報を入力し資料請求するのはとても面倒です。一括資料請求サービスを使えば1回のフォーム入力だけで5校、10校とまとめて資料を請求できるのでとても便利ですよ。お住まいの地域から通える近くの学校も選択できます。

通える通信制高校の資料をまとめて取り寄せる

入力フォームに電話NGと記載すると営業電話は一切ありません

 

複数の通信制高校を比較できて参考になった

 

\URLをコピーしてシェアしてね!/

この記事のURLをコピーする

▼通信制高校検討中のあなたに読んでほしい記事▼

YouTube投稿開始しました!
CH登録はこちらから




\ 「CHチャンネル登録」 はこちら /
ゼロからはじめる通信制高校講座通信制高校ブロガーもおすすめするレビュー済み!