【最短翌日着】複数校から資料請求で失敗を防ぐべし!

書籍「失敗しない通信制高校の選び方」を出版しました

書籍出版しました

\URLをコピーしてシェアしてね!/

この記事のURLをコピーする
こんにちは!通信制高校研究家のいっぺ(@ippecoppe_blog )こと小谷です

いっぺ

 

今日はタイトルにもある通り、「失敗しない通信制高校の選び方」という書籍を出版しました。

この書籍はどんな書籍で、どんな内容で、どんな人におすすめの本か?また購入方法や今ならタダで読む方法もあるのでそちらも紹介していきたいと思います。

一括資料請求サービスを使えばキャンパス数1,000校から無料で、簡単に、一括で資料請求できます。

 

ひとつひとつの学校に個人情報を入力し資料請求するのはとても面倒です。一括資料請求サービスを使えば1回のフォーム入力だけで5校、10校とまとめて資料を請求できるのでとても便利ですよ。お住まいの地域から通える近くの学校も選択できます。

近くの通信制高校の資料をまとめて取り寄せる

入力フォームに電話NGと記載すると営業電話は一切ありません

 

複数の通信制高校を比較できて参考になった

 

どんな書籍?

決断

まずこの本はどんな書籍かというと、通信制高校について正しい知識を身に付けて、自分(またはお子さん)に合った最高の通信制高校を見つける。これが本書のテーマです。

本書は通信制高校卒業後、通信制高校情報ブログ「いっぺこっぺ通信」を運営し、さらに日本初の通信制高校解説Youtuberとして活動している僕、小谷が通信制高校を検討する全ての人に知ってもらいたいことをまとめた本になります。

この書籍の原稿はプロの編集者さんにもお願いして作って頂きましたので結構クオリティも高いのではないかと自負しています。

ボリュームはというと7万文字くらいのボリュームで結構読み応えがある内容になっています。

ただ実は失敗しない通信制高校の選び方に割いているページ数てあまり多くはないです。この理由はあとで説明するんですけど、ここではちょっと目次を見ながらまずどんな内容の本なのか紹介していきたいと思います。

 

内容を紹介

内容

じゃあここからは画面を切り替えてこの本の内容をざっくり紹介してきます。

この本は四つの章で構成されています。

第一章は全日制高校を中退後、通信制高校に編入し、そこでひょんなことから生徒会長となり、その活動の中で多くの生徒と関わった僕の体験談をまとめた章です。僕の通信制高校に入ったきっかけや、入ってから出会った友達の話といった卒業生の生の声・生き方を垣間見ることができる章になっています。

第二章は「通信制高校のキホン」と題して、通信制高校の仕組みや知っておくと役立つ各種制度を解説しています。読めば通信制高校の基本を知ることができる章です。内容としては・・・・・といったことを解説しています。

第三章は通信制高校のメリット・デメリットやネットコースの通信制高校のメリット・デメリットを解説しています。

第四章は「通信制高校のギモン」。これまで僕はSNSやYoutube、質問箱などのさまざまなWebサービスを通じて、通信制高校に興味のある方々からの質問に答えてきました、その中から読者の皆さんにもぜひ知っておいてほしい質問と答えをこの章にまとめました。・・・・・・といったことを解説しています。

第五章はこの本のタイトルでもある「失敗しない通信制高校の選び方」です。

全日制高校以上に通い方や学び方にさまざまな選択肢のある通信制高校。せっかく入学するならば自分に本当に合っている学校を選びたいですよね。あとで悔やまないためにも、この章で通信制高校選びの極意を学び、楽しい学校生活を送っていただければと思います。

この本の目次は以下の通りです。

目次

はじめに 著者自己紹介と各章の説明
一章:通信制高校での体験談
僕が通信制高校に入った理由
通信制高校で出会ったたくさんの友人たち
これからは通信制高校の時代になるかも?
二章:通信制高校のキホン
ここ十数年で劇的に変わった通信制高校
通信制高校にはどんな人が通っている?
通信制高校を卒業するまでの流れ
通信制高校のスクーリングとは
通信制高校の学習の進め方
公立と私立の違い
サポート校とは
通信制高校の学費
就学支援金・授業料減免措置
通信制高校の退学者数
三章:通信制高校のメリット・デメリット
通信制高校のメリット通信制高校のデメリット
通信制高校 ネットコースのメリット・デメリット
四章:通信制高校のギモン
通信制高校を卒業して後悔している?
入学準備編
Q1・通信制高校に行くことに反対する親を説得する方法は?
Q2・金銭的な理由で入学が厳しいといわれた、その場合あきらめるしかない?
Q3・「今の学校から逃げると逃げ癖が付く」という親の説得方法は?
Q4・親から「通信制はダメ人間が行くとこ」「通信制高校に行ったら就職できない」と言われ、入学を反対された
Q5・そもそも学校が嫌で転学するのは悪いこと?
Q6・ 通信制高校の受験資格は?
Q7・通信制高校の入試・受験とは?
Q8・通信制高校の面接では何を聞かれる?
Q9・通信制高校を卒業するには4年掛かる?
Q10・転入の可能な時期は?
Q11・単位の引き継ぎはできる?
Q12・通信制高校に転校しても同級生と同じ時期に卒業できる?
Q13・年度末までは今の学校には通えないと思っています。今まで受けた授業は全てなかったことになってしまうのでしょうか?
Q14・年度途中で転校する場合、今の学校に払ったお金は戻ってくる?
Q15・通信制高校の学校見学にはどんな服装で行けばいい?
Q16・通信制高校は「私服でOK」ということが多いそうですが、 正直何を着たらいいかわかりません。
Q17・通信制高校の入学式と卒業式にスーツは必要?
学校生活編
Q18・体育は絶対に参加しなければならない?
Q19・体育ってどんなことをするの?
Q20・体育は競技によって参加するしないを決められるのでしょうか?
Q21・通信制高校の特別活動って何?どんなことをするの?
Q22・ほかの全日制高校などから転校してきた場合、特別活動はどうなるの?
Q23・通信制高校と仕事やバイトは両立できる?
Q24・通信制高校と仕事の上手な両立方法は?
Q25・私立と公立の通信制高校ならどちらがより社会人に向いているでしょうか?
Q26・通信制高校は中学レベルの勉強しかできない?
Q27・通信制高校を卒業すると中卒扱いされる?
進路編
Q28・通信制高校から大学に進学することはできる?
Q29・通信制高校で大学に行くための勉強をすることはできる?
Q30・各通信制高校の大学進学実績は?
Q31・通信制高校に指定校推薦枠はある?
Q32・通信制高校に行くと仕事はアルバイトしかなくなる?
Q33・通信制高校に行ったら就職に不利になる?
Q34・実際のところ就職できる?
五章:失敗しない通信制高校の選び方
複数の通信制高校から選ぶ重要性
「手間」と「暇」をかけ「質」の良い選び方をしよう
通信制高校の選び方
おわりに ~通信制高校に行った先で大切なこと~

 

この本はどんな人が読むべき本?

本

イトルでもある失敗しない通信制高校の選び方の章ってちょっとしかないんですよね。これの意図なんですけど、結局失敗しない通信制高校選びをするためにはまずは通信制高校を知ることが一番だと思っています。なので一章で僕の体験談で通信制高校ってアリだなときっと思ってもらえるはずです。そこから二章で基本的なことを知ってや三章ではメリット・デメリットを理解して、更に四章では気になるお悩みごとを解決できるようにしています。

ここまでくればかなり通信制高校のことを大まかに理解できているはずですし、通信制高校に対して偏見的な考えの人もかなりマインドブロックもなくなるんじゃないかなと思っています。

ここまで知識をつけてもらったら、失敗しない通信制高校の選び方の章の注意点やおすすめの学校の選び方・決め方を説明しているという感じです。

なのでこの本は通信制高校って何?と思っている方にこそ読んで欲しい内容となっています。

一章から読んでもらうと順序立てて通信制高校の事を学んで行けるように設計してあります。でも、この本の読み方に正解はありません。どの章・項目から読んでも分かるように構成しているので、一章から順に読んでも構いませんし、気になる項目だけ読み進めてもらっても問題ないです。

大切なのは、この本を読むことであなたの通信制高校に対する疑問や不安が軽くなるということです。

通信制高校は今や高校生の17人に1人が選んでいる学校ではありますが、多くの人にとっては、まだなじみの薄い学校ですし、人って分からないことや知らないことに不安を感じるものなので、もしかしたら通信制高校を「得体のしれない学校だ」と思っている方もいると思うんですよね。

そう思っている方こそ、この本を読んで、通信制高校の〝意外な姿〟を知ってほしいと思います。

通信制高校は学校それぞれに魅力があり、学校によりその特徴が全く違うのが面白いところです。そんな多様な学校の中から、自分の入りたい一校を選択できるのが通信制高校選びの特徴です。

まずは本書で通信制高校のありのままの姿を知り、学校選びの一助としてもらえればと思っています。

 

電子書籍ってどうなん?

電子書籍

こちらの本なんですがどうやって購入できるのかというと、Amazon限定で購入して読むことができます。

本自体も電子書籍のみになります。電子書籍?やっぱ本は実物がいいでしょという方もいるかも知れませんが、電子書籍も便利ですよ。特に検索できるのが強みです。

例えば小谷さんの友達の就職先について紹介している部分が合ったよなと思ったら就職先と検索してみます。

そうするとサクッと情報見つけられるんですよね。あと線を引いたところは後からメモとして見返すなんてこともできるので、使いこなせるようになると実物の本よりも便利だったりします。場所とかも取らないし、スマホでもタブレットでも見ることができますしね。

まだ電子書籍を使ったことがない方はぜひこの機会に使ってみてください。

 

どうやって購入できる?

購入方法

購入方法はAmazonに入ってもらって、検索で失敗しない通信制高校の選び方と検索してみてください。そうすると出てきます。

購入方法は2種類あって、500円で購入頂く場合Kindle Unlimitedに入会している方なら無料で読んで頂くことができます。

おすすめの購入方法はこちら

500円で購入頂くほうが僕としてはありがたいんですが、でもおすすめなのはKindle Unlimitedですね。今はKindle Unlimited30日間無料で読めるキャンペーンが開催中なので一度入会して、読んだら解約して貰えれば完全に無料で読んで頂けます。

視聴者さんは現役の中高生の方も多いので無料で読んでもらえるこっちのほうが需要もあると思います。

ぜひKindle Unlimitedから読んでもらえればと思います。Kindle Unlimitedの30日間キャンペーンページはこちら

 

読んだらレビューのご協力お願いします

あと最後にもし読んで頂いたらレビューのご協力もお願いできたら嬉しいです。製作期間は10ヶ月くらい掛かっていて中々いい本ができたと思っています。ためになったという意見があれば僕としても作ってよかったなと思いますし、もし至らない点があればご指摘いただければ内容踏まえて書籍のアップデートもしていきたいと思います。

電子書籍は随時アップデートしていくことができるのもメリットですね。ぜひ読んでいただけましたらレビューまでしていただければ幸いです。

 

まとめ

今日は失敗しない通信制高校の選び方の書籍について紹介させて頂きました。

これまで僕がYouTubeやブログで発信してきた集大成であり、通信制高校の基本から学べる内容になっていますのでぜひ手にとって、電子書籍なので手にはとれないですけど読んでいただければ嬉しいです!

感想やもし購入方法で分からないことがあればお問い合わせください。

 

一括資料請求サービスを使えばキャンパス数1,000校から無料で、簡単に、一括で資料請求できます。

 

ひとつひとつの学校に個人情報を入力し資料請求するのはとても面倒です。一括資料請求サービスを使えば1回のフォーム入力だけで5校、10校とまとめて資料を請求できるのでとても便利ですよ。お住まいの地域から通える近くの学校も選択できます。

通える通信制高校の資料をまとめて取り寄せる

入力フォームに電話NGと記載すると営業電話は一切ありません

 

複数の通信制高校を比較できて参考になった

 

\URLをコピーしてシェアしてね!/

この記事のURLをコピーする

▼通信制高校検討中のあなたに読んでほしい記事▼

YouTube投稿開始しました!
CH登録はこちらから




\ 「CHチャンネル登録」 はこちら /
ゼロからはじめる通信制高校講座通信制高校ブロガーもおすすめするレビュー済み!