通信制高校は複数校検討が失敗しないコツです

やりたい事に突き進む!スッキリ出演・メディア掲載多数の行動力の鬼!N高3期生たかぎさんにインタビュー

スッキリ出演・メディア掲載多数の行動力の鬼!N高3期生「たかぎ」さんにインタビュー

\URLをコピーしてシェアしてね!/

この記事のURLをコピーする

今回はN高等学校の3期生の「たかぎ」さんにインタビューさせて頂きました。

たかぎさん(@takagi_1129 )|Twitter
note
取材実績一覧

中学3年生で文化祭にスポンサーを付け、高校1年生の時に”学費クラファン”で30万円調達し、N高在籍。
スマホ一台で東京に来たら江東区に家をもらい、”電子書籍しか取り扱わない本屋”を立ち上げ月5万程度売上。
その後、プロモーションを中心としたマーケティング領域の企画立案と実施を経験した。
現在は株式会社ハッシャダイでメディア運営・教育カリキュラムの設計やグロースハックを行う。サービス設計とグロースハック、UXデザインが専門。
引用元:Wantedly

たかぎさんはN高に入るための学費30万円をクラウドファンディングで集め話題になりました。

更に色んな媒体からインタビュー受けていますし、スッキリにも出演されているというから驚き…


たかぎさんはまさに行動力・向上心・探究心の塊です。きっとこの記事を読んで刺激を受ける方もいるのではないでしょうか。

たかぎさんの行動力は同世代だけではなく、大人世代の私達も見習わなければならないと思います。今回インタビューさせて頂いて彼に学ぶことは多かったです。

たかぎさんがN高に入った理由やその先についてインタビューしました。

~自己紹介~

 

いっぺ
それでは今回はたかぎさんにインタビューしていきたいと思います。自己紹介をお願いします!
たかぎ
よろしくお願いします!話すと今まで(N高2年生)までの経歴は結構長くなってしまうんですけど、私は編入で通信制高校のN高に入りました!
たかぎ
2002年生まれの16歳で、元々はサッカー推薦で高校に進学しました。
いっぺ
奇遇ですね!僕も高校時代はラグビー推薦→通信制です。

~全日制を辞めたきっかけ~

 

いっぺ
なぜ辞めることになったんですか?
たかぎ
N高の学費30万円のためにクラウドファンディングをしたらその高校で「恐喝して金品を要求する」みたいなのに違反したらしくて…笑
いっぺ
なんという行動力ww
たかぎ
それで高校退学になっちゃってN高に編入した感じですね!詳しいのはこのnoteとかにまとまってます。

 

~N高を選んだ理由~

 

いっぺ
なるほど。なぜN高を選んだんですか?
たかぎ
なんで数ある高校の中でN高を選んだかっていうと、元々Twitterをやっていて、若い人たちのリベラルインターネット界隈みたいな中でN高の生徒が優秀だったんですよね。
MEMO
リベラルとは?:リベラルは、「自由な」「自由主義の」「自由主義者」などを意味する英語。インターネットでのリベラルにおいてネットに積極的にコンテンツを投稿・拡散することによって、リベラルの価値観である自由主義、平和主義、平等主義を普及させ、かつネトウヨのデマやヘイトに対抗するための運動のこと。
いっぺ
具体的にどう優秀に感じたのか教えて下さい。
たかぎ

N高にはよく言えば「多くの全日制高校にはいない様な生徒」が、悪く言えば、「”異常”なため適用できていないケースもある人たち」 が多くいます。

*異常論に関しては「異常の構造」という本を読んでもらうとよく分かると思います。 その人たちは、エンジニアだったり、ビジネスサイドで事業を立ち上げたり、回したり。学校に行くはずだった時間で自分の好きなこと・得意なことに注力していますからね!とても魅力的に思えました。

いっぺ
完全に同意です。これからは好きなこと・得意なことをに打ち込むことこそが重要だと思います。通信制高校はそういった環境に適しています

たかぎ

ですね。それで私もそんなインターネット関係に興味があったので、相互フォローとかになってるうちに「いつまで大阪いるの!?会おうよ!」みたいな感じでN高の生徒さんにキャンパス招待してもらったりとかしました。

いっぺ
SNS・インターネットを最大限に活用されていますね
たかぎ
あとは全日制だと編入ってなんとなくしづらい雰囲気あるじゃないですか笑
いっぺ
確かにありますね 笑 全日制から全日制はあまり聞いたことないです 笑
たかぎ
そういうのがないのも、ネットの高校というか通信制高校のの良さかなって思いますね。
『いつでも進路の方向転換をできる』みたいな、だって残りの高校2年間を無駄にしたくなかったですしね
いっぺ
同感です。生きていれば目標や方向性も変わってくるので柔軟性・フットワークの軽さは大事だと思います。
たかぎ
あのまま高校に通っていたら、ある程度勉強して、友達と遊んで、適当な大学行って
そういうありきたりな未来が見えちゃったんですよね僕の場合。
だから、なんか”一つの覚悟”みたいな感じでN高入った部分はあるかもしれません。
たかぎ
あとN高中で1%の人と気があうと思ったからというのも理由です。
いっぺ
確かにN高ならたかぎさんみたいな意識の高い生徒さん多そうですね!
たかぎ
その人たちは本当に尊敬できる人たちで、エンジニアだったり、自分でビジネスをやっていたり…覚悟している人は出来る出来ないに関わらず、”なんか一緒にいたいな”っていうのは思います。

@orihorihX だったり、 などですかね。

N高で受けれるサービスみたいなのに関しては、ネットで調べたら出てくると思うのであんまり触れないんですけど、私は最低限の単位取得だけは確実にやってますね。

いっぺ
なるほど。学習「環境」ではなく「人」ベースで学校を選んだのですね。今まで相談やインタビューしてきましたが今まで聞いたこと無い視点です

 

~保護者の理解はありましたか?

 

いっぺ
ご両親の理解はありましたか?
たかぎ

noteより引用しました(実は、親・担任の先生にに辞めたい事を伝えずに学費クラファンをしました。

両親の対応に関してはかなり感謝しています、それでも結構話し合って時間も気力も使いましたけど。

いっぺ
僕も相談を頂きますが多くの生徒さんが親の説得で苦労していますからね
たかぎ
高校編入するとなると、必要になってくるのは親の承認とかなんか政治っぽいことだと思うんですけど、(元々の高校で職員室に呼び出された時には)ある程度”退学だな…!”って感じてたんで、親には「退学になったらN高に行きたい、学費も自分で出す。」って言ってましたね
いっぺ
実際に学費を自分で出せる高校生はなかなかいないと思います…
たかぎ
実際に(退学になった高校の)職員室行ったら、2時間後には退学を言い渡されてました笑。その場でN高の編入書類書いてもらって帰りましたね。
たかぎ
友達には「退学なった、、、!(笑いながら)バカおもろい」とか言いながら帰ってました笑
いっぺ
まあ同級生のみんなはびっくりされるでしょうね 笑
たかぎ
なんか思うのは、”自分のやりたいこと(今回ならN高入学)”をどんな時でもやり通せないのって弱者じゃないですか。

言っちゃえば自分が行きたいんだから全員が道を譲ってくれるような人間になるしかないと思ってて、鬼の自責マインドですけど。なんかそういうところだと思ってます。

いっぺ
さっきから本当に高校生に思えないです 笑 日本は競争社会ですからこのマインドは非常に大事ですね。…見習わせて頂きます!

~N高に入って良かったことは?~

 

いっぺ
N高に入って良かったことを教えて下さい
たかぎ
N高というか、通信制高校に入ってよかったな?って思うのは『圧倒的時間』ですかね。

今はフリーランスとして仕事させてもらってるみたいな感じなんですけど、良くも悪くもめちゃくちゃ時間が出来るんですよね全日制に比べると

いっぺ
通信制高校の最大の特徴は「自由な時間」と「自分のペースで通える」です。自由な分いくらでもなまけることだってできますからね。
たかぎ
ですね。だから、”今は全日だけど通信制高校に転入しようかな…”と考えている人は、1週間ぐらい学校休んだらいいんじゃないですかね。

それで一回も「人生を無駄にしてる感」を感じないなら、通信制に入っても頑張れると思います。

いっぺ
確かに!学校辞めても何か目標ややりたい事に打ち込めている証拠ですもんね。

~目標・やりたいことは?~

 

いっぺ
同じ悩みで悩んでいいる人に伝えたいことはありますか
たかぎ
同じ悩みを抱えている人か、、なんか私それでいうと悩みなかったですね。一切迷わなかったし、悩んでる暇あったらやってきたんで。”なんでやりたいのにやってへんねんやろう…”って感じます。

あえていうと、なんでも出来るからこそ人には図々しく、感謝しながら踏み出しにしていったほうがいいと思います!!その両方を彷徨いながら悩むことが進歩である世界線をも作っていきたいですね!私自身も!

~目標・やりたいことは?~

 

いっぺ
最後にたかぎさんの目標ややりたいことを教えてください
たかぎ
僕この先やりたいなって思ってるのが、「ミネルバ大学」っていう大学に進学したいんですよね。

”世界で一番賢い学校”って言われてて、そこに行けば本気で世界変えにきてるやつらと会えるんや。って思ったらめっちゃワクワクするんすよね

自分も教育に人生変えられてきたんで、日本の教育とか政治とかなんかよくわからんけどみんなハッピーにメタ認知してほしいし、何より自分自身でハッピーであってほしい

そういうのもあって、”社会実装”は割と今後の課題にしていきたいです。
「手を動かして社会実装する、同時に語る」みたいなの。

MEMO
社会実装研究とは、その言葉の通り、「社会課題の解決や経済発展を目指して、研究で得られた新たな知見や技術を、実態経営や実態経済の中に活かしていくことで、社会や経済に便益をもたらすことを目指す研究開発のこと
たかぎ
尊敬している人が「落合陽一さん」なんですけど、彼の”社会実装力”みたいなのが本当に素晴らしくて、僕も言ったこと実行して社会に実装したいですね笑

 

~編集後記~

 

多くの通信制高校を選択しようとしている人は「自分とはちょっと違いすぎて参考にならない」と思った人もいると思います。

だって多くの通信制高校に入学する生徒が何かしらの「不安」を抱えて入学しますから。

クラファンで学費も自分で工面して、やりたい事に突き進むたかぎさんの鬼の行動力は見習いたいものですがなかなか真似出来ることでもないと思います。

僕は取材していて本当に16歳かな?と思いました 笑

ただたかぎさんのように打席に立ち続ける(チャレンジする)ことはとても大事です。打席に立たないとチャンスすら産まれませんからね。

「なにかひとつでも」目標を見つけてチャレンジして欲しいです。その目標を満たすことができる可能性のある学校を選ぶことをおすすめしたいです。その目標が達成できるなら全日制でも良いし通信制なら通信制で良いんです。

たかぎさんのような通信制高校出身の生徒さんが社会で活躍し、注目されることで通信制高校への考えや偏見も少なくなっていくことでしょうから今後も注目し応援していきたいと思います。

取材されたい方やして欲しい人いませんか?

通信制高校を選択する上で未だに偏見があるのは事実です。

現代の世の中にマッチしている教育環境は通信制高校の仕組みだと思っています。でも偏見があるわけです。完全に時代錯誤じゃないでしょうか。

これは、通信制高校の生徒が「全日制に行けない出来損ない」や「不登校出身のネクラ」みたいなイメージが「ある世代」には定着してしまっているのかもしれません。

いっぺこっぺは今後、通信制高校に在学する生徒や卒業生が「輝いている姿」を伝えていきます。

きっとそれが、私たち通信制高校の卒業生や在校生、そして未来の通信制高校を選ぶ生徒が社会からもっと理解されることに繋がると思うからです。

自薦他薦問いませんのでもし取材してもいいよという方がいらっしゃいましたらTwitterよりお問い合わせ頂けましたら幸いです。(ささやかながらお礼もさせて頂きます)

※現在N高の生徒さんへのインタビューは募集停止中です。多くなりすぎたのでm(_ _)m

\URLをコピーしてシェアしてね!/

この記事のURLをコピーする
特集記事ゼロからはじめる通信制高校講座通信制高校ブロガーもおすすめするレビュー済み!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です