【最短翌日着】複数校から資料請求で失敗を防ぐべし!

【驚愕】通信制高校って就職出来る?就職に不利になる?←これについて

通信制高校って就職できる?

\URLをコピーしてシェアしてね!/

この記事のURLをコピーする

こっぺ

おじゃったもんせ~本サイトは通信制高校出身ブロガーのいっぺ(@ippecoppe_blog )とこっぺが運営しているブログです
本記事では「通信制高校に行っても就職出来るの?」というテーマで解説しました!最後まで読んでくれると嬉しいです

いっぺ

※この記事は以下動画で解説した内容を文章に書き起こしたものになります。

通信制高校が気になっているけど通信制高校に行っても就職出来るのか?みたいな不安の声は意外に多いです。

例えば、

  • 通信制高校でも就職出来ますか?とか
  • 通信制高校は就職に不利なんでしょうか?とか
  • 通信制高校に行ったら正社員としての雇用は難しいですか?とか
  • 通信制高校からだと就職し辛いですか?

という感じの質問をよく貰います。

通信制高校は自分に合ったペースで学ぶことが出来たり時間を自由に使えるので注目されていますし、今や高校生の17人に1人は通信制高校を選んでいます。クラスの2人は通信制高校を選んでいるわけです。

これから高校生になる人や、今は全日制高校に通っている人の中にも気になっているという人はたくさんいるかと思います。

でもせっかく通信制高校に行ってももし就職出来ないのだとしたら行くのをためらっちゃいますよね。その気持ち分かります。

僕も通信制高校に行く前はもう正社員として会社にも入れないかもとかお先真っ暗だとか思っていました。

でも結論から言うと通信制高校だからって就職が難しいとか不利とかはありません。

これは僕自身が経験してきたことですし、僕の通信制高校時代の友人を見ていてもそう感じます。

この記事では「通信制高校に行っても就職出来るの?」というテーマで経験談も交えてお話ししていきます。

 

一括資料請求サービスを使えばキャンパス数1,000校から無料で、簡単に、一括で資料請求できます。

 

ひとつひとつの学校に個人情報を入力し資料請求するのはとても面倒です。一括資料請求サービスを使えば1回のフォーム入力だけで5校、10校とまとめて資料を請求できるのでとても便利ですよ。お住まいの地域から通える近くの学校も選択できます。

近くの通信制高校の資料をまとめて取り寄せる

入力フォームに電話NGと記載すると営業電話は一切ありません

 

複数の通信制高校を比較できて参考になった

 

そもそもなぜ就職に不利だと思ってしまうのか?

通信制高校に行ったら就職に不利になりますか?以前もらった質問

通信制高校に行っていたということが就職に不利にはならないんです。

でもそう思ってしまう人は多くて、特に今の現役の高校生の親世代とかさらにその親世代は通信制高校に対して良い印象を持ってない人もいるような気がします。そもそもなんで通信制高校に行くことが就職に不利と思うのか僕なりに理由を3つ考えてみました。

 

  • 親世代は高学歴主義の時代だった
  • 全日制と比べて学習時間が少ないから
  • 通信制高校に行くことに対して後ろめたさを感じているから

 

これはあくまで僕独自の持論です。それぞれ説明していきます。

理由①親世代は高学歴主義の時代だった

まずゆとり世代以降の子供を育てている親の世代いわゆる団塊ジュニア世代〜就職氷河期世代って言うみたいなんですけどこの世代はめちゃくちゃ競争が激しかった時代なんですね。

中学や高校では受験戦争を強いられ、バブルが崩壊してからは就職氷河期の時代もありそこそこの大学を出ていてもフリーターや派遣社員とかも多い時代だったんです。

きっと当時の通信制高校から大学に進学したりする生徒は今と比べてもかなり少なかったでしょうし、いわゆるヤンキー的な人も今の通信制高校の時より多かったはずです。

ですから団塊ジュニア世代〜就職氷河期世代の親御さん達にとっては通信制高校からの就職に対してあまりいいイメージがないんだと僕は思います。 

なのでその価値観を親御さんや親戚の人から聞いたりして「通信制高校は就職出来ないとか不利」というイメージがついてしまっている気がします。

親世代はこれが就職に不利だと思ってしまう理由のひとつ目です。

 

理由②全日制と比べて学習時間が少ないから

2つ目は全日制と比べて学習時間が少ないから就職に不利だと思ってしまう人ももしかしたらいるんじゃないかなと思います。

通信制高校って全日制高校と比べると学校に通う日数も全然違うんですよね。全日制高校はだいたい1年間で200日くらいは通わないといけないんですが、通信制高校は20日とか学校によっては5日くらいでいいんです。

行く回数が全然違うから全日制高校と通信制高校だとそもそも受ける授業の時間も違う訳です。

これも僕の持論なんですが、通信制高校に行くイコール学習時間も少ない

学習時間が少ないイコールいい会社にも就職出来ないかも…という思い込みがあるんじゃないかな?と思ったりします。

でも実際は学習時間イコール就職出来るか出来ないかには繋がりせん

あと入社する時の入試問題の点数を取れないかもとか言う不安もあるのかもしれませんね。

こういった入試問題がある会社を志望したい場合は全日制高校に通っている生徒並みに毎日勉強したり、一般教養の問題集を解いたり面接のシュミレーションをしたりしてしっかり準備する必要があると思います。

 

理由③通信制高校に行くことに対して後ろめたさを感じているから

3つ目の理由は通信制高校に行くことに対して後ろめたさとか劣等感を感じているからという人もいるんじゃないかなと思います。

通信制高校に行こうか迷っている人や行っている人の一部は通信制高校に行くことに対して劣等感を持っている人も少なからずいます。

例えば友人関係がうまく行かずに全日制から通信制高校にきたことに何か後ろめたさを感じていたり、毎日学校に行っていないことに後ろめたさを感じていたり劣等感を持っているから自信が持てなかったりする人がいます。

こういう考えをしていると通信制高校に行っていたこと自体に後ろめたさを感じでしまって就職する時にも何で通信制高校に行ったのか聞かれたらどうしようとか思ってしまうんだと思います。

こういう気持ちから通信制高校は就職出来ないとか思ってしまう人も少なからずいるかもしれないなと思いました。

 

就職に不利だと思うのは〇〇が原因

絶望 希望がない

以上あくまで僕の持論なんですがそもなぜ就職に不利だと思ってしまうのかについて考えてみました。

この

  • 親世代は高学歴主義の時代だった
  • 全日制と比べて学習時間が少ないから
  • 通信制高校に行くことに対して後ろめたさを感じているから

に共通することがあるんですが何だと思いますか????

それは不安からきてるんですよね。

学歴に対する不安だったり、学習時間の足りなさから来る不安だったり、通信制高校に行くことに対する不安だったりです。

でもこの不安は行動すればほとんど乗り越えられます。

例えば学歴に対して不安に感じるなら大学進学を目指せばいいですし、学習時間が足りないと思うなら毎日勉強するべきです。

通信制高校に行くこと自体が不安なら僕の動画とかブログを見て通信制高校を知ればきっと拭えると思います。

ぜひ自分の不安を解決出来るように行動して欲しいなと思います。

 

実際のところ就職できる?

就職面接

それではここからは僕自身の就職出来たか?についてや通信制高校時代の周りの友人の就職先について紹介します。

まず僕の話なのですが、僕自身は恥ずかしながら通信制高校時代から20代半ばくらいまで人生に対してなんの目標もありませんでした。なので結構色々な仕事を転々としてきました。

例えばパチンコ屋で働いたり派遣の仕事や営業の仕事とか色々してきました。

色々な仕事の就職面接を受けてきましたが、通信制高校だからといって就職出来なかったということはありませんでした

なので僕の実体験からも通信制高校は就職が不利だとは思っていません

ちなみに今は前職の広告代理店のWebマーケティングのスキルを活かしてフリーランスとして活動しています。(2021年度中には株式会社を設立予定です)

大学にも行かずに学歴は高卒なんですが、これでも僕と同世代の人の年収の何倍も稼げていますので通信制高校から大学に行っていない僕みたいな低学歴でもやる気次第では世の中なんとかなるので安心して欲しいです。

でも起業はハードルが高いという人もいると思うので、

次に僕の通信制高校時代の周りの友達の進路・就職先について一部紹介します。

  • 国立大学→税理士
  • 卒業→自営業
  • 4年生私立大学→社会福祉士
  • 夜間の短期大学→LINE→Microsoft
  • 専門学校→美容師
  • 卒業→薬局事務
  • 卒業→引越し屋
  • 地元テレビ局AD→ディレクター→プロデューサー

まあこんな感じで独立、大手企業に就職、手に職つけていたり通信制高校からの進路も無限大です。

通信制高校だから就職が不利ということはないということがわかってもらえたら嬉しいです!

希望する就職先の条件が大卒であれば、通信制高校に行きながら大学進学を目指せばいいし、スキルが必要なら独学で勉強したりビジネススクールに通ったりすればいい話です。

就職したい企業や業種の目標があるなら、どうやって就職できるか考えて行動していけば通信制高校だからということは全く関係ないということを通信制高校卒業生として強く思います。

 

まとめ

以上「通信制高校って就職出来る?」について話してきました。「通信制高校は就職に不利」と思っている人の誤解も多少は解けたんじゃないかなと思います。

就職に不利かどうかですが、、、 ぜんっぜん不利にならないです。

通信制だからと言って面接に落とされることはないし、仮にそういう企業がもしあったら逆に「時代遅れ」だと思いますね。その場合全く本質を見ていない企業です。

そんな企業落ちてラッキーだと思っていいです。

あと、最後にひとつアドバイスさせてください!

せっかく全日から通信制に行くんだったら、全日制の高校では出来なかったことに取り組んで欲しいです。

職業体験でもいいし、部活や生徒会でも、何か専門的なことを学んだり… 通信制で学んだことは濃い体験であればあるほど、就職においてはオリジナリティになり武器になると思います。

それは通信制高校に行ったことに対する自信アップにも繋がるので就職の面接の時にもその行動してきたことは自信になってきっと役に立ちます。

行動することはいろんな世界をみつけられることにも繋がり視野も広がります。 なのでいろいろな経験をして欲しいと思います。 

 

一括資料請求サービスを使えばキャンパス数1,000校から無料で、簡単に、一括で資料請求できます。

 

ひとつひとつの学校に個人情報を入力し資料請求するのはとても面倒です。一括資料請求サービスを使えば1回のフォーム入力だけで5校、10校とまとめて資料を請求できるのでとても便利ですよ。お住まいの地域から通える近くの学校も選択できます。

通える通信制高校の資料をまとめて取り寄せる

入力フォームに電話NGと記載すると営業電話は一切ありません

 

複数の通信制高校を比較できて参考になった

 

\URLをコピーしてシェアしてね!/

この記事のURLをコピーする

▼通信制高校検討中のあなたに読んでほしい記事▼

YouTube投稿開始しました!
CH登録はこちらから




\ 「CHチャンネル登録」 はこちら /
ゼロからはじめる通信制高校講座通信制高校ブロガーもおすすめするレビュー済み!