【最短翌日着】複数校から資料請求で失敗を防ぐべし!

「Z会の通信教育 中学生向けコース」は最悪って本当?口コミ・評判やメリット・デメリットまとめ

「Z会の通信教育 中学生向けコース」は最悪って本当?口コミ・評判やメリット・デメリットまとめ

中学生の学習教材として多くの人に利用されているのがジャストシステムのZ会の通信教育 中学生向けコースです。

有名なことは分かるけど、親として気になるところは「Z会の通信教育 中学生向けコースは効果があるのか?」ということや「Z会の通信教育 中学生向けコースだけで高校受験に臨めるのか?」というところではないでしょうか?

そこで、教育系ブロガーとして活動している私たちがSNSやブログでのこ中学講座の口コミ・評判口コミを調べ、メリットやデメリットなどの特徴、よくある質問やお得なキャンペーンについてもまとめました。
この記事を読めばZ会の通信教育 中学生向けコースの全てがわかります。参考になれば幸いです!

目次

Z会の通信教育 中学生向けコースの口コミ・評判

Z会の通信教育 中学生向けコースの口コミや評判を書くSNSやブログ等で調べてみました。

Twitterでの口コミ・評判

進学ゼミ通信講座に比べると値段は少々高いものの、Z会の通信講座 中学向けコースの方がレベルの高い問題に取り組めるというものです。Z会の通信講座 中学生向けコースは予習がメインの教材だからです
Z会の通信講座 中学生向けコースは個別の添削サービスもあるので、個人の苦手克服をしつつ、良いところのレベルアップも図れます!

進研ゼミ中学講座で物足りなさを感じ、途中でZ会の通信講座 中学生向けコースに乗り換えたというものです。
実際、塾や他の通信講座からZ会の通信講座 中学生向けコースに乗り換える人も少なくありません
いきなりZ会の通信講座 中学生向けコースでレベルの高い問題をできるか不安という人は、まずは他の通信講座で授業復習などの自主学習のクセをつけてから、Z会の通信講座 中学生向けコースに移ってもいいと思います

超難関高校受験コースは1ヶ月100講座もあり、ついていけていないという口コミです。
超難関校を目指す特進クラスは中学二年生の冬から徐々にひと月の学習量が増えていくため、志望校への意志や学習への意欲がないと続けていくのは難しいです
自分のやる気次第で学習の成果が変わるのはどの通信講座も同じなので、いくつかの通信講座の資料請求やキャンペーンを申し込んで、自分が無理なく続けられそうな教材や学習スタイルを見つけましょう

子供の希望でZ会の通信講座 中学生向けコースを入会したというものです。Z会の通信講座 中学生向けコースのiPadスタイルでは、わかりやすい映像授業を見ながら新しい単元を学ぶことができます
Z会の通信講座 中学生向けコースの映像授業は一人でも理解できるようにベテランの講師が解説してくれます

Z会の通信講座 中学生向けコースの添削問題の提出がうまくいかず、子供のやる気が削がれているというものです。
Z会の通信講座 中学生向けコースの添削問題はテキストスタイルなら郵便での提出、iPadスタイルはタブレットでの提出になります
万が一提出がうまくいかない場合は受講者側のミス以外にもシステムの不具合も考えられるので、教えて!Z会から問い合わせてみましょう

Instagramでの口コミ・評判

z会タブレット学習
無学年で英語数学が学べるアステリア
.
気になったので資料請求してみました☺️
.
学べる範囲は中学生〜高校3年
内容は映像講座、問題演習、添削指導など
(問題演習は、AIが個人に最適な課題を判断)

Z会の通信講座 中学生向けコースでは本講座以外にも無学年方式で学べるアステリアという特別教材があります。
各科目が無学年方式で学べるので、科目ごとの能力差が大きい人におすすめです
Z会の通信講座 中学生向けコースと一緒にアステリアを受講している人もいれば、アステリアだけで学んでいる中学生もいます。
気になる人はZ会の通信講座 中学生向けコースと一緒に資料請求をしてみましょう

他ブログ等での口コミ・評判

本気で難関大学をめざすのならZ会をすすめるし
ぼちぼちやっていくならベネッセでも充分だと思います。
でも中学からZ会やってたら潰れるかもしれないので
まあベネッセでもいいんじゃないでしょうか。
私の友達で進研ゼミやってたやつが現役で
京都にある超有名国立大学(アレしかない?)に合格したので別に
ベネッセがレベルが低いというわけではないと思います。
私は本気で(?)勉強したいなと思ったときにZ会を始めました。
レベルはハンパなかったけど入試において良い結果が得られました。
自分のレベルにあわせて選べばいいのではないでしょうか。

引用元:Yahoo!知恵袋

本気で難関校を目指すならZ会の通信講座 中学生向けコース、学校の授業対策としてぼちぼちやっていくなら進研ゼミ中学講座がおすすめという口コミです。
進研ゼミ中学講座に比べてZ会の通信講座 中学生向けコースは問題のレベルが高く、予習が中心の教材になっています
学習習慣のない人や、志望校が特に決まっていない人は強い意志がないといきなりZ会の通信講座 中学生向けコースを続けるのは難しいです。
まずは他の通信講座も試してみて、志望校が絞れて来てからZ会の通信講座 中学生向けコースに移っても遅くありません

現在中2の子供で、Z会のスタンダードコースを受講し始めたのですが、添削問題がものすごく難しくて、凹んでいます。

まだ4月の頭から始めたばかりで、日々の学習は特に理解できないこともなく、淡々と進めていましたが、添削問題になった途端にものすごく難しくなって、文章題など白紙のままでした。本人も少し凹み気味です。
やはりZ会は難しすぎたのかとも思ってしまいます。

引用元:Yahoo!知恵袋

Z会の通信講座 中学生向けコースの添削問題が難しく、子供が落ち込んでしまっているという口コミです。
実際、Z会の通信講座 中学生向けコースの問題はかなり難易度を高めに設定しているので初めてやった時にできなくても、落ち込む必要はありません
添削問題が難しく感じたら、まずは通常のテキストを何往復かして自分の自分の苦手を克服していきましょう!
それを続けていくうちに、おのずと添削問題を解く力も身についていきます

チャレンジタッチは1回の取り組みが5分ほどで終わってしまいますが、Z会はがっつり30分近くかかります。

遊びでなくしっかり学習した達成感もあるようで、娘は満足してました合格

学習計画は、Z会アプリのオススメ通りに進めるもよし、自分でカレンダーを登録したり、やりたいだけどんどん進めることもできます。

チャレンジタッチのように、親のスマホで取り組み状況を確認することもできるようです。

引用元:まるちゃん 我が道をゆく

Z会の通信講座 中学生向けコースではアニメーションなどで楽しく学ぶことはできませんが、かえって充実した教材で達成感を感じる子供もいるという口コミです。
楽しく学ぶというよりも、がっつり学んでいる実感が欲しい人におすすめの教材です
iPadスタイルでの学習なら、保護者アプリで子供の学習状況を確認することもできるので、
いちいち子供の学習の様子を見張っている必要もありません

 

Z会、教材は届きましたが、タブレットが届きません。タブレットがないと、できないように書いてあるのに、どうしたものか。添削提出はどうしようか。
コールセンターは、ここじゃわからないと、面倒な電話だと冷たい対応。(0120-35-1039)
言われた番号にかけても全くつながらず、(0120-73-1039) メールも返事がこない。
ほかの方も書いてますが、もう少し丁寧な対応がほしいものですね。
引用元:Yahoo!知恵袋

Z会の通信講座 中学生向けコースに入会したが、一緒に頼んだタブレットが送られてこないというものです。
通常iPadの発送は安心設定を行うために10日前後かかりますが、それ以上遅れるようなら学習の進みに影響が出てしまいます
iPadスタイルではテキストだけでの学習はできないので、10日以上待っても来ないようであればすぐにZ会の通信講座 中学生向けコースに連絡しましょう。
そこであまりにも悪い対応をされたら、思い切って他の通信講座に変えるのも手です

Z会の通信教育 中学生向けコースの特徴(メリット・デメリット)

これまでZ会の通信教育 中学生向けコースの評判や口コミを見てきましたが、Z会の通信教育 中学生向けコースの評判にはどんなメリットがあるのでしょうか?また、デメリットはないのでしょうか?

Z会の通信教育 中学生向けコースの評判のメリット・デメリットをそれぞれまとめてみました。

メリット
  • 塾よりも安い
  • 9教科対応+作文力も鍛えられる
  • 進学クラスと特進クラスが選べる
  • 自分の好きな時間に出来る
  • 学習状況をスマホから確認できる
  • 映像授業に対応(iPadスタイルのみ)
  • 出題範囲や理解度から優先すべき問題が分かる
  • 英語の4技能を補える
デメリット
  • 学習ナビゲーションで効果的に学べない
  • 学校の授業と同じ内容で学習できない
  • 映像・音声・アニメーションで分かりやすく学べない
  • 直接指導が受けられない
  • Z会の通信教育 中学生向けコース自体には強制力がない
  • 安いとはいえお金はかかる
  • 個別サポートがない

Z会の通信教育 中学生向けコースは“勉強自体やる気がない”“ゲーム感覚で勉強したいという子供には向いていませんが、難関校入試に向けた高レベルの問題演習ができますし、1ヶ月から試すこともできるので、とりあえず始めてみるのもいいと思います。

それぞれのメリット・デメリットを詳しく解説していきます

【メリット】塾よりも安い

塾より低価格なのも、Z会の通信講座 中学生向けコースのメリットの一つです。
Z会の通信講座 中学生向けコースは、5講座セットが月額11,320円から始められるからです。

文部科学省が実施した、平成30年度子供の学習費調査において公立中学生の学習費に支出した場合の平均額によると、
塾に通うのに平均で月額24,500円もかけていることがわかっています。

また、塾によっては定期テスト対策や個別対応が別費用になることもあるので、授業と定期テスト対策をどちらも進められるZ会の通信講座 中学生向けコースが断然お得です。

難関校向けの塾は、塾の中でも特に費用がかかりますが、Z会の通信講座 中学生向けコースなら比較的低額で難関校対策ができます

費用を抑えられるぶん、英語のオプション教材を追加してさらに学習に厚みをつけることもできます!

【メリット】 9教科対応+作文力も鍛えられる

Z会の通信講座 中学生向けコースでは、主要の5教科のほかに実技4教科と作文の力をつけられます。

Z会の通信講座 中学生向けコースでは、5教科セットの講座がメインにはなっていますが、実技4教科の専用テキストが用意されていますし、作文の講座を別途申し込むこともできるからです。

実技4教科は定期テスト対策が疎かになりがちですが、専用テキストを利用することであまり時間をかけずに自主学習をすることが可能です。
また、作文に苦手意識を持つ中学生も多いですが、Z会通信講座 中学生向けコースなら作文の書き方を一から学べます。

作文には進学、特進のようなレベル別のクラス設定はありません

実際に書いた作文を一つずつ添削してもらえるので、ぐんぐん作文力が伸びていきます

【メリット】進学クラスと特進クラスが選べる

Z会の通信講座 中学生向けコースでは、それぞれのレベルや志望校別に進学クラスと特進クラスを選択することができます。

個人の能力や志望校に合ったカリキュラムで学習を進め、確実に学習の成果を出すためです。

進学クラスは、国立・私立上位校、公立上位校を目指す人向けです。

都道府県の共通入試で9割の得点力をつけることを目標に、中学三年生から徐々に学習量が増えていくカリキュラムになっています。

一方、特進クラスは最難関の国立・私立・公立上位校を目指す人向けです。
中学三年生の夏までに思考力、判断力、表現力の土台を築き、入試で高得点を取るための力をつけていきます。

カリキュラムは進学クラスよりも早く、中学二年生の冬から学習量は徐々に増えていくようになっています。

Z会の通信講座 中学生向けコースの難関校の基準は、公式サイトで一覧が記載されています

中学生一年生・二年生時は進学クラスと特進クラスの料金は同じです。中学生三年生からクラスごとに料金が変わるので、継続の際は注意しましょう

【メリット】 自分の好きな時間にできる

Z会の通信講座 中学生向けコースは、自分の好きな時間に取り組めるというのもメリットの一つです。

テキストスタイルなら教材が、iPadスタイルならiPadさえあればいつでもどこでも学習が始められるからです。

学校や塾のように決まった時間や場所に縛られる必要はありません。

中学生は学校以外にも部活動やプライベートが忙しくなりますが、Z会の通信講座 中学生向けコースなら一回30分程度で取り組めるので、
帰宅してすぐ、食事の前後などのちょっとした隙間時間に効率よく学習が進められます。

一日の学習時間が決められていないので、暇な日は集中して取り組み、忙しい時間は一科目だけやるというように調整ができます

Z会の通信講座 中学生コースなら勉強だけでなく、部活動やプライベートの時間も充実させられます!

【メリット】学習状況をスマホから確認できる

Z会の通信講座 中学生向けコースでは、保護者がスマホから子供の学習状況を確認できるようになっています。

通信講座での学習になると、「子供がちゃんと勉強できているのか?」と不安になる保護者も多くいるからです。

Z会の通信講座 中学生向けコースの保護者専用アプリをインストールすれば、子供の学習状況や、学習予定、添削課題の成績を確認することができます。

子供が自宅学習している様子を直接見ることができなくても、スマホアプリなら外出先や仕事の合間にチェックできるので便利です。

保護者アプリは、iPadスタイルを利用の人のみ閲覧が可能です

不明点など、Z会の通信講座 中学生向けコースへの質問も保護者アプリから行えます

【メリット】映像授業に対応(iPadスタイルのみ)

Z会の通信講座 中学生向けコースでは、映像授業を使って初めて学ぶ単元でもつまずくことなく学習を進められます。

Z会の通信講座 中学生向けコースのiPadスタイルでは、ベテラン講師による映像授業を見ることができるからです。
映像授業と一緒に使うZ study要点ブックを使い、重要なポイントを書き込むだけで、頭にしっかり定着する仕組みになっています。

映像授業での確認問題で学習項目の定着度を測ることで、自分一人でも学習効果を確かめられます。

映像授業は、iPadを開いてすぐのトップページから学習項目をタップすれば見ることができます

テキストスタイルでは映像授業は見られませんが、同じ内容の冊子で学習することになります

【メリット】出題範囲や理解度から優先すべき問題が分かる

Z会の通信講座 中学生向けコースではどこから手をつけていいかわからない、といった学習の進め方に悩む必要はありません。

テキストスタイルでも、iPadスタイルでも、通学中学の定期テストの範囲に合った教材を提供してくれるからです。

特にiPadスタイルでは、定期テストの範囲を入力するだけで定期テスト1週間前からテストモードになり、その日にやるべき科目が表示されるようになっています。

自分である程度学習の進め方がわかっているならテキストスタイルでもいいですが、個別の学習計画を作成してほしいならiPadスタイルでの学習がおすすめです

その日にやるべき項目がはっきりすると効率が上がり、子供のモチベーションアップにもなります!

【メリット】英語の4技能を補える

自主学習で英語の4技能全てを補うのは難しい ですがZ会の通信講座 中学生向けコースではバランス良く英語の4技能を身につけることができます。

Z会の通信講座 中学生向けコースには、英語4技能万全プランがあり、本科5教科に加えて外国人講師による個別レッスンを受けられるからです。
英語4技能万全プランの特徴は、以下の通りになっています。

  • 月額1,472円から始められる
  • 学習データから最適な問題を出題
  • 実生活に近い場面での自然な英会話表現
  • 音声認識エンジンで発音の確認ができる
  • 外国人講師とのマンツーマンレッスン

Z会の通信講座 中学生向けコースでは、他にも英語アシストや英語CAN-DOテストのような英語学習WEBアプリもあるので、
学校帰りの隙間時間にも英語学習に取り組めます。

読み書きは得意だけど、話す聞くが苦手という人も、英語能力全体を底上げしたい人にもおすすめです

外国人講師とやり取りをすることで、入試のための英語ではなく実際の場面で役立つ英語が身につきます

【デメリット】学習ナビゲーションで効果的に学べない

Z会の通信講座 中学生向けコースではiPadスタイルなら、定期テスト期間になるとやるべき項目は表示されますが、毎日の学習サポートをしてくれる学習ナビゲーション機能はありません。

既に自主学習のついている利用者が多いため、自分で何をやるべきかわかっているからです。

とはいえ、iPadスタイルなら定期テスト1週間前にはその日に学習するべき項目が表示されるようになっていますし、入試対策は志望校のレベルに合わせた教材が提供されるようになっているので安心です。

自主学習の習慣がない、何をやるべきかわからないという人には、勉強のクセをつけるためにも進研ゼミ中学講座やスマイルゼミ中学生コースが向いています

学習の仕方で困ったことがあったら、教えてZ会!に質問すれば解決できます!

【デメリット】学校の授業と同じ内容で学習できない

Z会の通信講座 中学生向けコースでは、学校と全く同じ内容を学習することはできません。

Z会の通信講座 中学生向けコースでは、学校の授業は予習、問題演習、復習というように先取り学習がメインになるからです。

そのため、学校で習ったがわからない点を補うというよりは、Z会の通信講座 中学生向けコースで予習して自分のレベルアップにつなげることが目的になります。
つまり、テキストスタイルでもiPadスタイルでも、自分で初めて学ぶ単元の学習をすることになります。

Z会通信講座 中学生向けコースでは、テキストスタイルなら徹底解説の冊子、iPadスタイルならベテラン講師による映像授業があり、理解しやすい工夫がされています

学校と同じような内容を学びたいなら、進研ゼミ中学講座かスマイルゼミ中学生コースも検討しましょう

【デメリット】音声・アニメーションで学べない

Z会の通信講座 中学生向けコースには、iPadスタイルには映像授業を用いた教材がありますが、その他の音声やアニメーションを用いた教材はありません。

Z会の通信講座 中学生向けコースは楽しく学ぶというより、効率的に学力をアップさせることを重要視しているからです。

とはいえ、Z会の通信講座 中学生向けコースは、音声やアニメーションがなくても学習が進めやすいように一回30分の学習設計で、無理なく続けられるようになっています。

英語のリスニング音声を利用したい人は、英語4技能万全プランを追加すると聞く力と話す力をつけられます

ゲーム感覚で楽しく学びたいなら、進研ゼミ中学講座やスマイルゼミ中学生コースがおすすめです

【デメリット】直接指導が受けられない

Z会の通信講座 中学生向けコースは通信講座になるため、学校や塾のように先生から直接指導を受けることができません。

基本的にはタブレットの教材だけで自ら学習を進めていくスタイルになるからです。

そのため、教材から学ぶよりも誰かに教えてもらった方がわかりやすいという人には向いていません。

ただし、Z会の通信講座 中学生向けコースでは学校や塾の授業のように、講師による映像授業が配信されており、新しく学ぶ単元をわかりやすく解説してもらえます。

テキストの解説も間違えやすいポイントをしっかりと網羅しているので、自宅で一人で勉強しているからといって理解できないということはありません。

Z会の通信講座 中学生向けコースはわからないことがあっても相談できる教えて!Z会というサービスがあります

学校や塾のように先生や仲間との人間関係も作りたい、アニメーションでゲーム感覚で学びたいという人にはZ会の通信講座 中学生向けコースはおすすめできません

【デメリット】Z会の通信講座 中学生向けコース自体には強制力がない

Z会の通信講座 中学生向けコースは強制力がないため、子供が自ら学習しなくてはなりません。

学校や塾のように、集中していなかったとしても怒ってくれる先生はいないからです。

誰かに言われないと自分から勉強できないという子供の場合は、問題のレベルの高いZ会の通信講座 中学生向けコースの教材を進めるのは難しいです。
反対に、一度自主学習の習慣がついてしまえば、今後は何も言わなくても自分で勉強をするようになるということです。

とはいえ、強制力がないというのは塾や他の通信講座の教材でも言えることです。

例え先生がいる塾であっても本人のやる気がなければ能力はついてこないですし、他の通信講座の教材でも自主性は求められるので、何もZ会の通信講座 中学生向けコースに限ったことではありません。

Z会の通信講座 中学生向けコースで学習できるかどうかは、子供自身に勉強への意欲が見られるか、既に自主学習の習慣があるかどうかがポイントです

Z会の通信講座 中学生向けコースは誰かに言われなくても勉強がしたいと思える人、もっと自分の実力を伸ばして難関校を目指していきたい人におすすめです

【デメリット】安いとはいえお金はかかる

Z会の通信講座 中学生向けコースは塾に比べ費用は安いとはいえ、一年間やるとするとそれなりのお金はかかります。

例えば、中学一年生のコースを1年間続けた場合は12ヶ月一括払いで119,640円(2020年9月時点)もかかるからです。

なるべく自主学習にはお金をかけたくないという人は、YouTube等で一般の人が無料公開している動画で学習するという手もあります。

しかし、YouTubeで学習するとなると、自分が勉強したい項目をいちいち検索しなくてはなりませんし、科目によっては自分が勉強したい動画が作成されていない可能性もあります。

それに、個人のレベルや通学中学校に合わせたテスト対策と苦手対策ができないため、学習効率が良くなるとは言えません。

Z会の通信講座 中学生向けコースは費用がかかるぶん、個人の志望校に合わせた教材づくりがされており、iPadスタイルなら独自の定期テスト対策をしてもらえます。

確実に勉強の成果を出していきたいなら、多少の費用がかかることはやむを得ません。

動画やアニメーションコンテンツの方が集中力が保てるようなら、Z会の通信講座 中学生向けコースより進研ゼミ中学講座やスマイルゼミ中学生コースの方がおすすめです

子供が続けられるか不安…という人は、まずは資料請求や1か月からお試しで始めてみましょう

【デメリット】個別サポートがない

Z会の通信講座 中学生向けコースは添削指導や質問サービスはありますが、子供ひとりひとりの学習指導を行うような個別サポートのサービスがありません。

Z会の通信講座 中学生向けコースはあくまで学力を伸ばすための通信講座であり、教育指導等は行っていないからです。

そのため、「先生との密なやり取りや生活指導は必要ないので、とにかく入試対策をしたい」という家庭には、Z会の通信講座 中学生向けコースは最適の教材です。

反対に、「勉強の仕方から学びたい」、「日常の生活態度を見直したい」という人にはスタッフと個人的なことも相談できる進研ゼミ中学講座のほうがおすすめです。

個別サポートがないとはいえ、問題の質問やサービスやシステムについての問い合わせも受け付けているので、ただ単に学習を進めてくうえでは何の問題もありません

いくつかの通信講座の資料請求をまとめてしてみて、教材内容以外にもどの通信講座がどんな個別サービスをしているかも検討材料にすると良いです

料金・費用まとめ

Z会の通信教育 中学生向けコースは学年別に受講費が決められており、支払い方法によって料金も異なってきます。

Z会の通信教育 中学生向けコースの支払い方法は、それぞれのコースで毎月払い、6ヶ月分一括払い払い、12ヶ月分一括払いがあります。

また、iPadスタイルとテキストスタイルで若干料金が異なりますので、予算や自分に合った学習スタイルで選ぶようにしましょう。

中学三年生から進学クラスと特進クラスで料金が異なるため、今回は中学一・二年生と中学三年生の料金を別で表示しています。

Z会の通信教育 中学生向けコースの中学一・二年生では、進学クラスと特進クラスの料金は変わりません
どのセットを受講するかによって、学べる科目も変わってきます

中学一年生・中学二年生

本科5講座セット

毎月払いの場合

中学一年生・中学二年生
iPadスタイル
月あたり
12,000円
iPadスタイル
12ヶ月合計
144,000円
テキストスタイル
月あたり
13,000円
テキストスタイル
12ヶ月合計
156,000円

6ヶ月一括払いの場合

中学一年生・中学二年生
iPadスタイル
月あたり
11,320円
iPadスタイル
6ヶ月合計
67,920円
毎月払いとの差額4,080円
テキストスタイル
月あたり
12,270円
テキストスタイル
6ヶ月合計
73,620円
毎月払いとの差額4,380円

12ヶ月一括払いの場合

中学一年生・中学二年生
iPadスタイル
月あたり
9,970円
iPadスタイル
12ヶ月合計
119,640円
毎月払いとの差額24,360円
テキストスタイル
月あたり
10,820円
テキストスタイル
12ヶ月合計
129,840円
毎月払いとの差額26,160円

※表記価格は全て税込み表示です。

英語4技能万全プラン(iPadスタイルのみ)

12ヶ月一括払い6ヶ月一括払い毎月払い
iPadスタイル
月あたり
11,288円12,792円13,550円
iPadセット
12ヶ月合計
135,456円76,752円162,600円
毎月払いとの差額27,144円9,096円

1講座あたりの受講料金(5教科+作文のうち1講座から可能)

毎月払いの場合

中学一年生・中学二年生
iPadスタイル
月あたり
2,700円
iPadスタイル
12ヶ月合計
32,400円
テキストスタイル
月あたり
2,900円
テキストスタイル
12ヶ月合計
34,800円

6ヶ月一括払いの場合

中学一年生・中学二年生
iPadスタイル
月あたり
2,564円
iPadスタイル
6ヶ月合計
15,384円
毎月払いとの差額816円
テキストスタイル
月あたり
2,754円
テキストスタイル
6ヶ月合計
16,524円
毎月払いとの差額876円

12ヶ月一括払いの場合

中学一年生・中学二年生
iPadスタイル
月あたり
2,294円
iPadスタイル
12ヶ月合計
27,528円
毎月払いとの差額4,872円
テキストスタイル
月あたり
2,464円
テキストスタイル
12ヶ月合計
29,568円
毎月払いとの差額5,232円

中学三年生

本科5講座セット(進学クラス)

毎月払いの場合

中学三年生
iPadスタイル
月あたり
17,250円
iPadスタイル
12ヶ月合計
210,240円
テキストスタイル
月あたり
18,250円
テキストスタイル
12ヶ月合計
219,000円

6ヶ月一括払いの場合

中学三年生
iPadスタイル
月あたり
16,310円
iPadスタイル
6ヶ月合計
97,860円
毎月払いとの差額7,260円
テキストスタイル
月あたり
17,260円
テキストスタイル
6ヶ月合計
103,560円
毎月払いとの差額5,940円

12ヶ月一括払いの場合

中学三年生
iPadスタイル
月あたり
14,430円
iPadスタイル
12ヶ月合計
173,160円
毎月払いとの差額37,080円
テキストスタイル
月あたり
15,280円
テキストスタイル
12ヶ月合計
183,360円
毎月払いとの差額35,640円

本科5講座セット(特進クラス)

毎月払いの場合

中学三年生
iPadスタイル
月あたり
19,750円
iPadスタイル
12ヶ月合計
237,000円
テキストスタイル
月あたり
20,750円
テキストスタイル
12ヶ月合計
249,000円

6ヶ月一括払いの場合

中学三年生
iPadスタイル
月あたり
18,680円
iPadスタイル
6ヶ月合計
112,080円
毎月払いとの差額6,420円
テキストスタイル
月あたり
19,630円
テキストスタイル
6ヶ月合計
117,780円
毎月払いとの差額6,720円

12ヶ月一括払いの場合

中学三年生
iPadスタイル
月あたり
16,560円
iPadスタイル
12ヶ月合計
198,720円
毎月払いとの差額38,280円
テキストスタイル
月あたり
17,410円
テキストスタイル
12ヶ月合計
208,920円
毎月払いとの差額40,800円

1講座あたりの受講料金(5教科+作文のうち1講座から可能)

毎月払いの場合

進学クラス特進クラス作文クラス
iPadスタイル
月あたり
3,750円4,250円2,700円
iPadスタイル
12ヶ月合計
45,000円51,000円32,400円
テキストスタイル
月あたり
3,950円4,450円2,900円
テキストスタイル
12ヶ月合計
47,400円53,400円34,800円

6ヶ月一括払いの場合

進学クラス特進クラス作文クラス
iPadスタイル
月あたり
3,562円4,036円2,564円
iPadスタイル
6ヶ月合計
21,372円24,216円15,384円
毎月払いとの差額1,128円1,284円816円
テキストスタイル
月あたり
3,752円4,226円2,754円
テキストスタイル
6ヶ月合計
22,512円25,856円16,524円
毎月払いとの差額1,188円844円876円

12ヶ月一括払いの場合

進学クラス特進クラス作文クラス
iPadスタイル
月あたり
3,186円3,612円2,294円
iPadスタイル
12ヶ月合計
38,232円43,344円27,528円
毎月払いとの差額6,768円7,656円4,872円
テキストスタイル
月あたり
3,356円3,782円2,464円
テキストスタイル
12ヶ月合計
40,272円45,384円29,568円
毎月払いとの差額7,128円8,016円5,232円

専科(入試特訓)

12ヶ月
一括払い
6ヶ月一括払い毎月払い
テキストスタイル
月あたり
1,827円2,042円2,150円
テキストスタイル
12ヶ月合計
21,924円24,504円25,800円
12ヶ月分の料金の
毎月払いとの差額
3,876円1,296円

※表記価格は全て税込み表示です。

それぞれの支払い方法における月あたりの費用、合計金額、また毎月払いとの合計金額の差額を提示しています。

やはり、月払いに比べて一括で支払える月数が増えれば増えるほど、1回あたりの費用がお得になるシステムになっているため、

最低でも12ヶ月継続することが決まっているならば、12ヶ月分一括払いがおすすめです。

ただし、6ヶ月一括払いや12ヶ月一括払いは、最後まで受講しなかった場合は追加費用がかかることになっています。

継続できるか不安な場合は、まずは試しに毎月払いから始めてみて後から一括払いに切り替えるのも手です
万が一退会した場合は、退会時の受講分の費用と支払った費用をもとに追加請求や返金の対応がされます。
もしくは、今後Z会の通信講座 中学生向けコースを再開する可能性があるなら、残金をZ会に預ける制度もあります

開催中のキャンペーンは?

Z会の通信教育 中学生向けコースでは、2020年9月7日現在以下のようなキャンペーンを行っています。

挽回チャンス!応援キャンペーン

Z会の通信講座 中学生向けコースの資料請求をした人全員に、通常の入会案内書、教材見本のほか特別冊子がついてくるキャンペーンです。

キャンペーン対象者Z会の通信講座 中学生向けコースの資料請求
キャンペーン期間随時
キャンペーン内容入会案内書、教材見本のほか、
「トップをめざすZ会式勉強法」の特別冊子をプレゼント。
国語、数学、英語の入試のポイントや疑問をまとめている一冊です。

Z会 紹介制度

友達や兄弟をZ会の通信講座に紹介するだけで、紹介した本人も紹介された新規入会者もプレゼントがもらえる制度です。

キャンペーン対象者友達や兄弟をZ会の通信講座に紹介した人と、紹介された新規入会者
キャンペーン期間随時
キャンペーン内容紹介者と新規入会者それぞれに図書カード500円分をプレゼント。

さらに、抽選で素敵なプレゼントも当たる可能性があります。

キャンペーン申込方法

新規入会者は、Z会の通信講座の新規入会申込時に、
紹介者の会員番号と名前を伝える必要があります。

友達や兄弟と同時に始める場合は、初めに一人目が入会申込をし、一人目の会員番号が届いてから二人目が新規入会申し込みをするという流れになります

いずれのキャンペーンも期間が設定されていないので、予告なく終了する可能性もあります

Z会の通信教育 中学生向けコースの入会方法

Z会の通信教育 中学生向けコース方法の流れは、①講座の設定、②学習スタイルの確認、③受講者情報の入力、④内容確認の手順に沿って進んでいきます。

中学一年生、中学二年生、中学三年生いずれの学年も同じ方法で申し込むことができます。

中高一貫コースの場合は異なるページからの申込となりますので、今回は割愛します。

STEP.1
「入会申込」ページを開き、「新規ご入会の方はこちら」を開きます

STEP.2
学年と高校受験の有無、クラスのレベルを選択します

STEP.3
次に、受講するセット内容、学習スタイルを選択します

STEP.4
最後に受講者情報を入力し、入力内容の確認をして完了です

 

Z会の通信講座 中学生向けコースの教材は入会申し込み後、中学一年生は前月28日ころ、中学二年生と中学三年生は当月3日ころに到着します

Z会の通信教育 中学生向けコースの解約・退会方法

Z会の通信教育 中学生向けコースの退会手続きは、電話もしくは専用マイページから手続きが可能です。

Z会の通信教育 中学生向けコースの退会手続きは以下の手順で行いましょう。

STEP.1
Z会マイページに保護者のパスワードでログインをします

STEP.2
申込情報確認・変更メニューを開きます

STEP.3
全ての講座の「受講を中止する」にチェックを入れます

STEP.4
手続き内容を確認し、「次へ」をクリックします

STEP.5
全ての講座の「受講を中止する」にチェックを入れます

STEP.6
「申込完了」となれば終了です

Z会の通信講座 中学生向けコースでは手続き締切日が中学一年生は前月14日まで、中学二年生と中学三年生は前月19日までとなっています。
既に支払った費用を返金してもらうか、再度Z会の通信講座を始める時の預かり金として取っておくかも選択できます。
ポイントや添削サービスなど各サービスの利用期限も解約時に確認しましょう

Z会の通信教育 中学生向けコースのよくある質問集

Z会の通信教育 中学生向けコースは質問はできる?

できます。Z会の通信講座 中学生向けコースでは、困ったらすぐに相談できる質問相談サービス「教えてZ会!」があるからです。教えてZ会!はマイページからのログインでも利用できますが、iPadスタイルで学習中の人はZ会中高学習アプリが便利です。

最低受講期間(契約期間)はある?

あります。Z会の通信講座 中学生向けコースは最低1ヶ月から受講が可能です。ひと月ごとの支払いも可能なので、まずはお試しで1ヶ月やってみて、他の通信講座や塾と比較してみるのも良いです。

手厚い個別サポート(個別添削・個別学習状況見守り・個別質問サービス・保護者向けサポート)はある?

個別の添削指導、わからないところの質問サービス、学習状況を知らせてくれる保護者向けアプリなどの個別サポートがあります。
個別の添削指導は、テキストスタイルなら紙の解答用紙を、iPadスタイルなら電子版の解答用紙が返却されます。

iPadスタイルとテキストスタイルの違いは何?選び方は?

学習の仕方が大きく違います。テキストスタイルは紙の教材に全てまとめられていますが、iPadスタイルはiPadの映像授業と補助教材を使用します。
また、iPadスタイルには個別の学習計画作成、今やるべき問題が表示されるなどの独自の機能もついています。
既に自主学習のクセがついていて、従来の学習スタイルで学びたいならテキストスタイル、効率よく映像授業で学びたい、個別の学習計画がほしいならiPadスタイルをおすすめします。

進学クラスと特進クラスの違いは何?途中で変更できる?

進学クラスと特進クラスは取り組む教材のレベルと、ひと月あたりの学習量が異なります。
進学クラスは国立・私立・公立の上位校を目指す人向けで、中学三年生から本格的に受験対策に取り組んでいきます。
一方で、特進クラスは国立・私立・公立の最難関校を目指す人向けで、中学二年生の一月から学習量が増えていきます。
途中で進学クラスと特進クラス間のクラス変更は可能ですが、カリキュラムの進行上、変更ができないこともあります。変更の際は、教えて!Z会から個別に相談しましょう。

定期テスト対策はできる?

できます。Z会の通信講座 中学生向けコースでは、主要5教科に加えて実技4教科も専用教材を使って漏れなく対策可能です。
特にiPadスタイルなら、定期テストの範囲と期間を入力するだけで、定期テスト1週間前から独自の対策プログラムを作成してくれます。

タブレットは自分で購入する必要はある?Z会の通信講座 中学生向けコースのタブレットは月にいくらぐらい払う?

既にiPadを持っている人はそのiPad端末を使用できますし、Z会の通信講座 中学生向けコースなら子供用に安全設定がされたiPadを購入できます。
Z会の通信講座 中学生向けコースで購入できるiPadは、2020年9月4日現在、以下の通りになっています。

  •  Apple iPad… 34,800円 (税別)
  • Apple 11インチ iPad pro +Apple pencil…104,300円(税別)

 

Z会の通信教育 中学生向けコースとスマイルゼミと進研ゼミのおすすめは?

学習の遅れを取り戻すというより、自分のレベルアップをして他の差をつけたい、難関校の受験を考えている人にはZ会の通信講座 中学生向けコースがおすすめです。ただし、教材自体の難易度が高いため、基礎を一から学びたい人やアニメーションで楽しく学びたいなら進研ゼミ中学講座やスマイルゼミ中学生コースも検討しましょう。それぞれの通信講座ではお得なキャンペーンやお試し期間があるので、気になったものをいくつか試してみるのも良いです。

成績は上がりますか?

上がります。Z会の通信講座 中学生向けコースは学習が続けやすいようにカリキュラムが工夫されているので、自分で学習に進んで取り組めば確実に能力はついてきます。ただし、元々学習意欲が低い人は学習のクセをつけるところから始めなくてはいけないので、Z会の通信講座 中学生向けコースに限らずどの通信講座でも成績を上げるのは難しいです。Z会の通信講座 中学生向けコースは塾よりも安く始められるので、まずはZ会の通信講座 中学生向けコースを始めてみて、合わなければ塾に移るという手もあります。

1日の学習目安は?ひと月の量はどれくらい?

一日30分〜1時間として考えると、ひと月に25時間程度学習することになります。一日の学習量はそれぞれのペースで調整できるので、平日にコツコツ取り組んでも、土日にまとめて取り組んでも大丈夫です。ただし、受験対策期間になると、ひと月の学習時間は増えていくこととなります。

タブレットで本当に大丈夫?

大丈夫です。Z会の通信講座 中学生向けコースでは年齢制限のされたアプリやインターネットサイトを利用しないように、安全設定のされたiPadを購入できます。また、Z会の通信講座 中学生向けコースではiPadスタイルの方が独自の学習計画作成や、映像授業など学びやすい環境が整っています。

まとめ(合っている人・合わない人)

Z会の通信講座 中学生向けコースは、自分に合った学習スタイルで自分の学力をレベルアップできることがわかりました。

しかも、タブレットでも紙の教材と同じように書いたり、テスト対策や実践問題での学習も対応しているので、タブレットだから学習効果が得られないということもありません。

そこで、Z会通信講座 中学生向けコースの特徴を踏まえて、合っている人・合わない人にわけてみました。

Z会の通信講座 中学生向けコースが合っている人

  • 勉強に悩みを抱える中学生
  • 苦手を克服したい人
  • もっと自分の実力を伸ばしたい人
  • 自宅での学習時間が増えた人
  • タブレット学習に興味がある人
  • 好きな時間に勉強したい人
  • 紙の教材も欲しい人
  • 先生に質問したい人
  • 実技教科も勉強したい人
  • 部活や趣味に忙しい人
  • あまり費用をかけたくない人
  • 一人で勉強に集中したい人
  • 特別な英語学習をしたい人
  • 映像での解説が欲しい人

Z会の通信講座 中学生向けコースが合っていない人

  • 直接指導を受けたい人
  • 塾じゃないと信用できない人
  • 自らの学習意欲がない人
  • ゲーム感覚で楽しみながら勉強したい人
  • 実技教科の対策は必要ない人
  • 自宅学習の必要性を感じない人
  • 学校での学習で十分だという人
  • 通信講座でも学習環境の指導を受けたい人

 

自宅学習の時間が増えた今だからこそ、Z会の通信講座 中学生向けコースで周りと差をつけるチャンスです!

がっつり自分の苦手克服と定期テスト&入試対策を行うことで、志望校合格も近づきます

 

万が一合わないと思った場合には途中で電話またはWEB上で解約もできますし、最短1か月からのお試しも可能です。

Z会の通信講座 中学生コース向けがどんなものかをまず知りたいという人は、1ヶ月のお試しや資料請求をして実際にZ会の通信講座 中学生コースの教材を使ってみましょう。