自分に合った通信制高校診断してみよう

そもそも高卒認定資格(旧:大検)ってなに?

そもそも高卒認定資格ってなに?

高卒認定って、聞いたことはあるけれどそれがどんなものなのか、なかなか想像がつかないのではないでしょうか。

・何教科テストを受ければいいのか?
・合格点は何点なのか?
・受かったらどんな活用方法があるのか
・デメリットはあるのか

結論から言うと最終学歴は「高卒」とはなりませんが、就職や進学に役立つ資格です。
本記事では、高卒認定がどんなものなのかを解説していきます。
あなたが目指す将来に高卒認定がどう役立つのか?この記事を読んだら、わかってくるはずです。

▼通信制高校検討中のあなたに読んでほしい記事▼

通信制高校ブロガーもおすすめする

高卒認定ってなに?

高卒認定は、「高等学校卒業と同等以上の学力を有する」ことを証明する国家試験です。
正式名称は「高等学校卒業程度認定試験」。「高認」や「高認試験」とも略されるのを聞いたことがあるのではないでしょうか。

ちなみに、高卒認定は平成16年までは「大検」(大学入学資格検定)という名まえで試験が行われていました。

「大検」の方がなじみ深い人も多いかも
えっ!?今ってもう大検ないの?!

早速ここにいたw

 

以前は名まえのとおり、大学に進学するための資格として活用されていましたが、高卒認定になってからは

・資格取得
・検定試験
・就職試験

など幅ひろく活用できるようになりました。

へー高卒認定は「将来の道を広げるため」の試験なんだね

 

MEMO
試験の日程は毎年8月と11月の年2回(各2日間)で、試験会場は各都道府県に1ヶ所ずつ設けられています。

 

 

「高卒」と「高認」の違いは?

似てるけど違う

高卒と同じ扱いをされるなら、高卒との具体的な違いは何なのか、見ていきましょう。

短期間で取得できる

高校に通って「高校卒業」の資格を取るには3年間以上の在籍期間が必要ですが、高卒認定では試験に合格すればいいので短期間での資格取得が可能です。

いっきに全教科合格できなくても、年2回実施されているから1年以内の合格も十分ねらえるね

ただ、高卒認定試験は16歳以上で受験することができますが、合格の効力が生じるのは18歳以上になってからなので注意してください。

 

イベントがない

自宅学習が柱の通信制高校でも、遠足や文化祭など少なからず学校行事があります。もちろん強制参加ではありませんが、参加してみると楽しいものです。
高卒認定ではそれらのイベントごとに参加する機会がありません。

 

最終学歴は「高卒」ではない

最終学歴を「高等学校卒業」としたいのであれば、全日制・定時制・通信制などの高校を卒業する必要があります。高卒認定を合格したあと、進学しない場合の最終学歴は「中卒」のままです。
履歴書には、学歴欄ではなく資格欄に「高等学校卒業程度認定試験合格」と書くのが無難でしょう。(学歴に記入したらだめ、ということではありません)

 

高卒認定はどんな人が受けてる?

文部科学省発表の「平成29年度第2回高等学校卒業程度認定試験実施結果について」では、いろんな統計をみることができます。
高卒認定試験合格者の年齢別割合をみてみましょう。

 

高卒認定試験合格者の年齢別内訳

年齢人数
16~18歳2614人51.1%
19~20歳757人14.8%
21~25歳584人11.4%
26~30歳426人8.3%
31~40歳523人10.2%
41~50歳182人3.6%
51~60歳27人0.5%
61歳以上4人0.1%
5117人

 

16歳~18歳の現役高校生の年齢層がいちばん多いことがわかります。
ちなみに、この回の合格者最高齢は70才(!)幅広い年齢の方が受験しています。

試験合格者の最終学歴の割合もみてみましょう。

卒認定試験合格者の最終学歴別の人数

年度中学卒業高校中退全日制在学定時・通信在学その他合計
平成29年度合計980人5249人1790人777人683人9479人

 

高卒認定試験合格者の最終学歴別の割合

 

 

「高校中退」がいちばん多く、ついで「全日制高校在学」、「中学卒」「定時制・通信制高校在学」とつづきます

芸能界やスポーツなどで活躍している方たちも、高卒認定を合格していますよ

高梨沙羅ちゃんとか
ジャニーズの横山くんとか
へー!

 

高卒認定に合格すると、高卒者とおなじような扱いを受けられます。

  • 国立・公立・私立の大学、短大、専門学校の受験資格
  • 企業や自治体への就職する際は、高卒と同等とみなされる
  • 国家試験などの受験資格

例年、合格者の約50%は大学・短大・専門学校などへ進学しているよ

 

高卒認定に合格するには

居眠りをする受験生

 

受験資格

高卒認定試験は、受験年度の3月31日までに満16歳以上になる人であれば、誰でも受験することができます。
(もちろん高校中退、中卒、外国籍、高校在籍中など誰でもOK)

高校在籍中の生徒は在籍する高校の学校長の許可が必要だよ

高校に在籍してるのになんで高卒認定受ける人がいるの?

病欠とかで出席日数がたりなくて単位を取得できなかった場合、高卒認定試験で代用することができるよ

 

 

合格はむずかしい?

受験合格

高卒認定試験はそれほど難しい試験ではありません

・問題レベルは高校1~2年生の内容程度
・試験は択一式のマークシート方式
・科目別に合否を判定(1回の試験で全ての科目に合格する必要がない)
・合格ラインは各科目40点程度

過去問題で60点くらい取れたら大丈夫だよ

MEMO
AO入試、推薦入試での受験を希望しているあなたは、高得点での合格を目指しましょう。
これらの受験では「合格成績証明書」が必要になりますが、高卒認定試験の得点がこれに直結してきます。60点以上、できれば80点以上での合格を目指したいところです。

高卒認定は毎年全国で約3万人が受験し、そのうち40%前後の人が合格しています。

受験者の80%前後は1科目以上合格しているよ

今回不合格の科目があっても、また受験することで合格を目指せるね

 

高卒認定試験合格に必要な科目数は?

国語数学英語より各1科目
・世界史は世界史Aまたは世界史Bのいずれか1科目
・地理歴史は日本史A、日本史B、地理A、地理Bの中から1科目
・公民は現代社会1科目か政治・経済と倫理のセット1科目のいずれか
・理科は科学と人間生活1科目と物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎の「基礎のつく科目」の中から1科目

ただ理科では、科学と人間生活以外の3科目を受けることも可能で、この場合は合計9科目となります。

免除科目がないか確認しよう

高卒認定試験を受けるとき、免除科目がある場合があります。

・高校で2年生以上に進級していた人
・高等専門学校で2年生以上に進級していた人
・知識及び技能に関する審査(技能審査)に合格している人
・高卒認定試験または大学入学資格検定で一部科目に合格している人

あなたに当てはまるものはないか、確認してみてくださいね。

英検も免除対象だよ!確認してみよう

 

 

 

まとめ

まとめ

就職のため、進学のため、資格取得条件のため、いろんな人が高卒認定にチャレンジしています。
あなたに必要なのは「高校卒業」の資格なのか、「高卒扱い」と認めてもらうことなのか、思いえがく将来と照らし合わせて判断してみてくださいね。

(ちなみに・・・)
私が通信制高校に転校するタイミングでは、高卒認定を使って進学することはあまり頭になかったです。
わずらわしい人間関係はいやだけど、せっかくだから青春したい」という思いが、自分が思っている以上に強くあったのかもしれません。

もし高校を卒業したい思いがすこしでもあれば、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

注意
通信制高校選びは将来を決める重要な選択です。通信制高校は千差万別です!
後悔しないように、他の学校の資料を請求してしっかり比べましょう。

\ キャンパス数1,000校から無料で資料請求できる /

通信制高校の資料を取り寄せる

入力フォームに電話NGと記載すると営業電話は一切ありません

>>通信制高校の学校案内・入学案内を一括でもらう

複数の通信制高校を比較できて参考になった

▼通信制高校検討中のあなたに読んでほしい記事▼

通信制高校ブロガーもおすすめする

ゼロからはじめる通信制高校講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です