【最短翌日着】複数校から資料請求で失敗を防ぐべし!

通信制高校に転学すると決めたなら早く決断したほうがいいですか?

早く決断した方がいいですか?

\URLをコピーしてシェアしてね!/

この記事のURLをコピーする

こっぺ

おじゃったもんせ~本サイトは通信制高校出身ブロガーのいっぺ(@ippecoppe_blog )とこっぺが運営しているブログです
本記事では「通信制高校に転学すると決めたなら早く決断したほうがいいですか?」という質問について解説しました!

通信制高校を転校する上で焦って早く決めないとみたいな人が実は結構多いです。一度冷静になっていつまでに通信制高校を決めればいいかが分かる内容になっていますので参考になる人も結構いるんじゃないかなと思っています。

いっぺ

この前こんな質問をもらいました。

いつもYouTubeを拝見させて頂いております。「ありがとうございます!」 私は今高校一年生なのですが。心の病になってしまい、現在は学校に行かず心療内科へ週一回程度通っています。病院の先生からも親からも焦らずゆっくり学校のことも決めていこう(辞めて通信に行くのか、少しずつでも全日制に通っていくのか)と言われているのですが、(転校するなら)早ければ早い方がいいだろうと思ってしまいます。 全日制高校から転入する場合、やはり学校を選ぶ過程などのことも考えると、早く決断したほうがいいのでしょうか?また自分的にはもう通信に転入したいのですが、まだそんなことを決めるときではないという親になんていえばいいのでしょうか。わかりにくい文章ですみません。お時間あるときに返信して頂けたら幸いです。

という質問をもらいました。この質問の要点をまとめると、

 

  • 通信制高校を選ぶ上で早く決断した方がいいのか?
  • 親になんと言えばいいか?

の2つですね。

特にこの動画のタイトルにもある通り通信制高校を選ぶ上で早く決断した方がいいのか?についてウエイトをおいて話していきたいと思います。

決断を早くしたほうがいいのかどうか生徒さんの持っている単位だったり転校する時期によって急いで決めたほうがいいのか?それとも決断するまでには時間的に余裕があるのかが変わってきます。

このいつまでに決断すればいいのかが分かれば親になんと言えばいいかも見えてくるかもしれませんよね。

例えばあと2ヶ月以内に転入しないと同級生と同じ時期に卒業できないかもしれない・・・となれば保護者の方も「まだそんなことを決めるときではない」と悠長なことを言わないかもしれませんしね。

この通信制高校を選ぶ上で早く決断した方がいいのかについてはちょっと通信制高校の仕組みだったりを話すことになるのでちょっと難しい感じの記事になるんですが少しでも参考になれば嬉しいです。

※この記事は以下動画で解説した内容を文章に書き起こしたものになります。

一括資料請求サービスを使えばキャンパス数1,000校から無料で、簡単に、一括で資料請求できます。

 

ひとつひとつの学校に個人情報を入力し資料請求するのはとても面倒です。一括資料請求サービスを使えば1回のフォーム入力だけで5校、10校とまとめて資料を請求できるのでとても便利ですよ。お住まいの地域から通える近くの学校も選択できます。

近くの通信制高校の資料をまとめて取り寄せる

入力フォームに電話NGと記載すると営業電話は一切ありません

 

複数の通信制高校を比較できて参考になった

 

決断するタイミングは人によって違う

選択肢 道

まあまず早く決断したほうがいいのかについてなんですが、これは人によっても時期によっても全然違います

多分転校を考えている人は「同級生と同じ時期に高校を3年で卒業したい」と思っていることが多いはずです。

この同じ時期で卒業できるかは、今持っている単位数だったり、登校日数だったり、転校を考えている時期によっていつまでに決断すれば良いのかが変わってきます。

特に全日制から通信制高校に転校する場合、「単位を引き継ぐのか?」それとも「単位を引き継がないのか?」のどちらを選択するかでどうしたらいいか変わってきます。

ちょっと例えがないと難しいと思うので僕の体験談から話していきたいと思います。

 

全日制を辞めた時通信制に単位を引き継げなかった理由

僕は全日制高校に通っていて1年の10月くらいに辞めたんですよね。この10月の年度の途中に全日制をやめてしまったことが理由で通信制に単位を引き継げなかったんですよね。

といのもそもそも全日制高校の単位は年度末に確定するんです。なので年度の途中で辞めてしまったり、転校してしまうと単位は引き継げません。

(細かいことを言うと学習の進み具合に関しては引き継ぐことができます。詳しくはこちらの動画の2分50秒付近で解説しています。)

なので高1のころの僕が単位を引き継ぎたいと思った場合のベストな行動は、辞めずに年度末まで在籍してから転校という流れであれば単位を引き継ぐことができたんです。

ちなみにまた辞めて入りなおすよりも、辞めずに転校の手続きをとったほうが良い場合が多いです。辞める場合入学時期4月や10月だけしか入学できないというように融通がきかないことが多いです。

辞めなければ「随時入学」可能の学校も多いです。

辞めるよりも辞めずに転校したほうが良いとだけ覚えておいてください。

 

「単位を引き継ぐのか?」それとも「単位を引き継がないのか?」でいつまでに通信制高校決めればいいかが違う

というわけで話を「単位を引き継ぐのか?」それとも「単位を引き継がないのか?」に戻すんですけど、全日制高校を辞めて通信制高校に行く場合は単位を引き継ぎたいのか

言い換えると「年度末まで通えるか?」それとも「年度末まで通えないのか?」によっていつまでに通信制高校を決めればいいかが違ってきます。

年度末まで通える年度末までに通信制高校を決める(学費も余分にかからない)

年度末まで通えない早めに通信制高校を決める(学費も余分にかかる)

年度末まで通える場合は年度末までに通信制高校を決めればOKです。

一方年度末まで通えない場合は、早めに通信制高校を決めたほうが良いです。

例えば、この質問者さんの場合だと、全日制高校の1年生でこの質問をしてきたのが7月だったので全日制高校の単位を通信制高校に引き継ぐには年度末まで通わないと単位を修得でないことになります。

なので今の全日制高校の単位を引き継ぐにはあと8ヶ月近くは通わないといけないわけです。

質問をくれた7月時点で学校に通わず心療内科にも通っていらっしゃるとのことで休まずに8ヶ月近く通うのは結構きびしいはずです。

でもこのまま通えない状態がズルズルと続けばそれこそ同級生と同じ時期に卒業するのは難しくなってきます。

なのでそこまで通えないとなった場合は年度末まで在籍するのではなくて、早めに通信制高校に転校した方がいいです。

年度末までに通えないので早めに通信制高校に行くという決断をするわけです。

こんな感じで「単位を引き継ぐのか?」それとも「単位を引き継がないのか?」言い換えると「年度末まで通えるか?」それとも「年度末まで通えないのか?」によってどう行動すれば良いのかがかわってきます。

今の学校に年度末まで通うのが難しいなら早めに転校する

年度末まで通えるのであれば頑張って3月末まで今の高校に通って単位を確定させてから転校するのがベストです。

 

また学費の面でも年度末まで通うと学費/授業料もダブリがなく無駄を最小限に抑えることができるのに対して、

年度末まで通えない場合のデメリットとしては前の学校と転校先の通信制高校の学費がダブってしまって余分にかかってしまうということは覚えておいてください。

 

早く決断したほうがいい?

決断

 

やっとここからが本題なんですけど、あと1ヶ月以内に転学しなければ同級生と同じ時期に卒業できないという感じで急ぎでない限りは僕は早さ」を重視するべきではないと思っています。

 

もちろん単位を引き継がない(または年度末まで通えない)という選択肢になるのであれば早ければ早く転校したほうが、同級生と同じタイミングで卒業はできる確率は高まるんですが、そのギリギリの範囲内でじっくり複数校から手間と暇をかけて学校選びをして欲しいんです。

 

例えばこの質問者さんは今学校に行けていないことで焦りもあったりすると思うんですけど、8月末まで悩んでも全く問題なく3年で卒業できる通信制高校が多いので出来るだけギリギリまで検討されることを僕はおすすめします。

もちろん8月末に入っても3年で卒業できない学校もあるため注意です。特に公立の通信制とかはこれにあてはまることもあります。

ここ大事なんですけど、同級生と同じタイミングで卒業が可能な通信制高校をできるだけ選択肢に入れつつその中で「自分に1番合った通信制高校を選ぶ」ことが失敗しにくい通信制高校選びになってくるかなと思います。

期限に余裕を持って期限内でじっくり検討することが大事ってことですね。

通信制高校の選び方は別の動画で解説しているのでチェックしてみてください。

 

親になんて言えばいいか?

あとこの質問者さんは「まだそんなことを決めるときではないという親になんていえばいいのでしょうか。」といっていたのでこれに触れておくと、

8月末までに転校しなければ同級生と同じ時期に卒業できなくなるかもしれないみたいな話はするともしかしたらそれじゃあ急いで決めようみたいになるかもしれませんよね。

実際には年度末の3月でも間に合う通信制高校はありますけど早いほうが通信制高校の選択肢としては多くなりますからね。

とはいえ保護者の方によっても考え方も価値観も違うのでどう言えばいいかとか答えはないですね。

説得方法については別の動画で解説していることが僕としての答えになるので参考にしてみてください。

 

まとめ

 

以上今回は「通信制高校に転学すると決めたなら早く決断したほうがいいですか?」というテーマで話してみました。

通信制高校を転校する上で焦って早く決めないとみたいな人が多かったりするんですが一度冷静になっていつまでに転校すれば良いのか?が分かれば落ち着いて通信制高校選びができると思いますので通信制高校に転学を考えている人はこの記事を参考にしてもらえたらと思います。

 

一括資料請求サービスを使えばキャンパス数1,000校から無料で、簡単に、一括で資料請求できます。

 

ひとつひとつの学校に個人情報を入力し資料請求するのはとても面倒です。一括資料請求サービスを使えば1回のフォーム入力だけで5校、10校とまとめて資料を請求できるのでとても便利ですよ。お住まいの地域から通える近くの学校も選択できます。

通える通信制高校の資料をまとめて取り寄せる

入力フォームに電話NGと記載すると営業電話は一切ありません

 

複数の通信制高校を比較できて参考になった

 

\URLをコピーしてシェアしてね!/

この記事のURLをコピーする

▼通信制高校検討中のあなたに読んでほしい記事▼

YouTube投稿開始しました!
CH登録はこちらから




\ 「CHチャンネル登録」 はこちら /
ゼロからはじめる通信制高校講座通信制高校ブロガーもおすすめするレビュー済み!