通信制高校は複数検討が「失敗しない」コツ!

【全国・各都道府県】通信制高校には奨学金や教育ローンは使える?その他補助制度について解説

【全国&各都道府県】通信制高校には奨学金や教育ローンは使える?その他補助制度について解説

\URLをコピーしてシェアしてね!/

この記事のURLをコピーする

通信制高校に行く生徒は片親で家も貧しい…という方も意外に多いです。

僕もそうでしたし、周りの友人にも家庭が貧乏で通信制高校を選んだという人は結構いました。

はじめまして。通信制高校ブロガーとして活動しているいっぺ(@ippecoppe_blog)です。

公立の通信制高校に行くなら年間5万円程度で通うことができます。

しかし私立の通信制高校となると年間十数万円~数十万円です。

無償で利用できる就学支援金の限度額は世帯収入にもよりますが、最大でも30万円程度です。

例えば、受けられる就学支援金が30万円の場合、50万円の学費の私立の学校なら20万円は手出しになってしまう訳です。

そんなお金かかるなら公立行けよって思うかもしれませんが、学べることや学ぶ環境に私立と公立では圧倒的な差がある状況です。(詳しくは私立と公立の違いにて)

どうしてもやりたいことや学びたいことがあるのに、お金のせいで諦めてしまう。

これは本当に悔しいことです。

そこで活用したい制度が奨学金や教育ローンです。この奨学金や教育ローンは通信制高校でも利用できます。

奨学金によっては返済不要な場合もあるので活用しない手はないです。

奨学金制度や教育ローン、その他補助制度等を利用することで夢を諦めずに済むかもしれません。

この記事では日本全国222の奨学金・教育ローンについてまとめました

ぜひ生徒さんに合った制度はないのか?を夢を諦める又は、諦めさせる前にチェックしておきましょう。

ちなみに就学支援金は必ず利用しましょう。

  • 就学支援金は国(文部科学省)による返済不要の支援金
  • 国公立か私立に関係なく、年収が約900万円以下の家庭が対象
  • 高校入学時に、高校の案内に従って申請
  • 国からの支援金が学校に振り込まれ、「授業料」の一部として自動的に使われます。
>>関連:就学支援金とは

早速Twitterでこんなリプライを頂きました。

多くの生徒さんがこのように金銭面でも悩んでいます。返還不要の無償制度もあるので是非活用を検討してほしいですね。

 

目次

奨学金・教育ローンの違いは?

学費

奨学金と教育ローンの大きな違いは、

  • 奨学金を借りる人は「学生本人」
  • 教育ローンを借りる人は「親」
というように借り主に違いがあります。

更に

利息の発生するタイミング

  • 奨学金は在学中は発生しない
  • 教育ローンは借りた翌日から利息が発生する
また、利率(利息の元金に対する割合)も奨学金より教育ローンの方が高いです。

表にまとめるとこんな感じです。

 奨学金 教育ローン
 借り主 学生本人 親
 返済義務 返済義務がない給付型と
返済が必要な貸付型がある
 返済が必要な貸付型のみ
 利息 利息なしの場合もあり 必ず利息発生する
 利息のタイミング 奨学金は在学中は発生なし 借りた翌日から利息が発生

これだけ見ると奨学金の方が良さそうです。

そこで違いを以下にまとめました。

 

奨学金と教育ローンのメリット・デメリット

メリット・デメリット

奨学金と教育ローンのメリット・デメリットはどんな違いがあるのでしょうか?

常陽銀行のコラムが参考になったので引用して紹介します。(引用元:奨学金とは。教育ローンとどちらがおすすめ?

 

奨学金のメリット・デメリット

《奨学金のメリット》

  • 経済的に不安がある家庭でも利用できる
  • 就業後まで返済が猶予される
  • 低金利である
  • 返済が必要のない奨学金もある
《奨学金のデメリット》

  • 申請者全員が支給を受けられるわけではない
  • 留年や休学に対応していない場合が多い
  • 学生本人が長期に渡る返済を行う必要がある

教育ローンのメリット・デメリット

《教育ローンのメリット》

  • いつでも申し込みが可能である
  • 一括で受け取れる金額が大きい
  • 学生本人が返済をする必要がない
《教育ローンのデメリット》

  • 金額に上限が設けられている場合がある
  • 保証料がかかる場合がある
  • 手続きが煩雑である
  • 借り入れの翌月から返済が開始される場合がある

優先度は、就学支援金奨学金(返済不要)奨学金(無利子)奨学金(低金利)教育ローンという感じです。

【全国・都道府県別】奨学金・教育ローンまとめ

奨学金

参考リンク:奨学金.net

代表的な奨学金

貸付団体上限金額金利備考
 日本学生支援機構 公立1.8万円/月
私立3.0万円/月
日本教育公務員弘済会 年50万円以内 無利息
社会福祉協議会 年209万円 無利息
あしなが育英会国公立:45,000円(内貸与2万5千円・給付2万円)
/ 私立:50,000円(内貸与3万円・給付2万円)
 無利息親が病気や災害・または自死(自殺)などで死亡、あるいは親が著しい障害を負っている家庭の子どもが対象。
交通遺児育英会 無利息保護者等が道路における交通事故で死亡したり、著しい後遺障がいのため働けなくなった家庭の高校生以上の生徒・学生が対象。
日本政策金融公庫(教育ローン) 350万円1.71%/年 日本学生支援機構と併用可能

 

北海道の奨学金・教育ローン


青森県の奨学金・教育ローン


岩手県の奨学金・教育ローン


山形県の奨学金・教育ローン


秋田県の奨学金・教育ローン


宮城県の奨学金・教育ローン


福島県の奨学金・教育ローン


新潟県の奨学金・教育ローン


群馬県の奨学金・教育ローン


栃木県の奨学金・教育ローン


茨城県の奨学金・教育ローン


長野県の奨学金・教育ローン


埼玉県の奨学金・教育ローン


神奈川県の奨学金・教育ローン


東京都の奨学金・教育ローン


山梨県の奨学金・教育ローン


千葉県の奨学金・教育ローン


富山県の奨学金・教育ローン


石川県の奨学金・教育ローン


愛知県の奨学金・教育ローン


三重県の奨学金・教育ローン


福井県の奨学金・教育ローン


静岡県の奨学金・教育ローン


岐阜県の奨学金・教育ローン


和歌山県の奨学金・教育ローン


京都府の奨学金・教育ローン


大阪府の奨学金・教育ローン


兵庫県の奨学金・教育ローン


滋賀県の奨学金・教育ローン


奈良県の奨学金・教育ローン


岡山県の奨学金・教育ローン


広島県の奨学金・教育ローン


山口県の奨学金・教育ローン


鳥取県の奨学金・教育ローン


島根県の奨学金・教育ローン


愛媛県の奨学金・教育ローン


高知県の奨学金・教育ローン


香川県の奨学金・教育ローン


徳島県の奨学金・教育ローン


福岡県の奨学金・教育ローン


佐賀県の奨学金・教育ローン


大分県の奨学金・教育ローン


熊本県の奨学金・教育ローン


長崎県の奨学金・教育ローン


宮崎県の奨学金・教育ローン


鹿児島県の奨学金・教育ローン


沖縄県の奨学金・教育ローン


コメント紹介

もし他に良い奨学金や教育ローン、その他制度がありましたら、メールやツイッターより情報提供お願い致します!

ご希望の場合は以下に引用してご紹介させて頂きます。

 

まとめ

以上が奨学金と教育ローンについてまとめました。

優先度は、就学支援金奨学金(返済不要)奨学金(無利子)奨学金(低金利)教育ローンという感じです。

就学支援金は必ず利用するとして、それでもお金が工面できそうにない場合は奨学金や教育ローンを活用しましょう。

学びたいことがあるのに、お金が理由で諦める人が少しでもいなくなりますように。

\URLをコピーしてシェアしてね!/

この記事のURLをコピーする

▼通信制高校検討中のあなたに読んでほしい記事▼

特集記事ゼロからはじめる通信制高校講座通信制高校ブロガーもおすすめするレビュー済み!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です